愛情表現5つのポイント

愛情表現5つのポイント

付き合い始めの頃には愛情が溢れ、恋人に愛情表現をすることも多いものです。しかし、交際期間が長くなればなるほど、愛情を感じていてもそれを表現する機会が少なくなってしまいがちです。愛情表現は交際期間に関わらず大切なものです。それでは、どのように愛情表現をすればいいのでしょうか?



恋人に愛情を伝えるための表現のポイント5つ

交際期間が長くなると相手を愛おしく感じていても、愛情表現を恥ずかしく感じたり、表現しなくても伝わっているような気がすることで愛情表現が少なくなりやすいです。しかし、愛情表現はいつになっても大切なので、改めて愛情表現について考えてみましょう。

①感謝と一緒に伝える

欧米人と比べて日本人は愛情を伝える言葉が少ないのは、気恥かしいからかもしれません。しかし、何かを伝える時に一緒に伝えれば、その恥ずかしさも減るので愛情表現をしやすくなります。例えば、体調が悪くて恋人が看病をしてくれた時、恋人がどこかへ連れて行ってくれた時などにお礼を伝えます。この時に、感謝の言葉と一緒に愛情を伝える言葉を相手に贈りましょう。これならば、愛情表現の言葉を口にする気恥かしさも軽減されます。

②メールで伝える

口頭で恋人に愛情表現の言葉を伝えるのがどうしても恥ずかしいという方は、メールを使って相手に伝えましょう。メールならば文字を入力するだけですし、恋人を目の前にしているわけではないので、普段はなかなか言えないような愛情表現も出来るでしょう。また、メールだけではなく、LINEやインスタントメッセージを利用して恋人に愛情を伝えるのもいいでしょう。特にリアルタイムでやり取りをしている時に愛情を伝える言葉をかけられれば、相手も直接言われているような気分になるのでオススメです。

インターネットやメールが発達した現代では、手紙を書く機会も減りました。はがきを書くのも年賀状くらいという方も多いのではないでしょうか。ましてや恋人のような身近な存在に手紙を書くことは少ないでしょう。機会が少ないからこそ、手紙は愛情を伝えるためにぴったりな方法なのです。自分宛の手紙を貰うと、人は嬉しく感じます。もしも、その手紙が大好きな恋人から送られた愛情を伝えるものだとしたら喜びも大きくなります。また、手紙は形のある思い出としても残るので、二人の愛情を育んでいくためにも効果的です。

触れ合いながら伝える
キスをしたり、手を繋いだりするスキンシップは愛情表現の一つです。大好きな恋人とスキンシップを取ることで心は温かくなります。スキンシップだけでも愛情を表現することは出来ますが、言葉も加わればその効果は大きくなります。恋人と触れ合う時には、素直になれることも多いので、スキンシップをする際には言葉での愛情表現もしやすくなるのです。

⑤特別な日に伝える

付き合い始めた記念日やバレンタイン、クリスマス、お正月など恋人には一年間に多くのイベントがあります。特別な日には特別な過ごし方をすることも多いでしょう。この時に、特別な日を楽しみながら、恋人に言葉で愛情表現をしてみましょう。特別な日だからこそ、深くまで伝わりますし、伝える方の恥ずかしさも少なくなります。


いかがだったでしょうか?

愛情表現には様々な形があります。スキンシップでも相手に愛情は伝わりますが、愛情表現をする言葉を伝えることも大切です。わかり合えているように思えても、愛情を伝える言葉を恋人からかけられれば嬉しいものです。ですから、交際期間に関係なく、愛情を言葉で表現するようにしましょう。