デート頻度6つのポイント

デート頻度6つのポイント

好きな相手とは時間の許す限り一緒に居たいと誰もが思うことです。しかしデートの頻度となるとお互いのライフスタイルや価値観が大きく関わってきます。男女がそれぞれ思う理想のデートとその頻度は、一体どれくらいのバランスがベストなのでしょうか?



相手を思いやるデートの頻度6つのポイント

例えば過剰なデートのお誘いは時に『束縛』と感じさせてしまう事もあります。頻度が少なすぎるのも相手を寂しい気持ちにさせてしまうかもしれません。お互いにとって負担の無い頻度、そしてそのデートプランを捻出する為のポイントを紹介していきます。

①お互いのライフスタイル

冒頭で少し触れましたが、カップル毎に合ったデートの頻度が必ずあります。重要なのはお互いが無理をしない時間の取り方をしているという事です。恋人と一緒に居るのは癒しの時間です。デートそのものを、お互いの生活の負担にさせないことが大切です。

②マンネリを防ぐ為に

趣味の会うカップルであれば『お決まりのデートコース』があるかもしれません。しかしパターンがずっと変わらないのも考えものです。いっその事全く知らない事をしてみるのも良いかもしれません。定番デートスポットで無くてもお互いが楽しければ立派なデートですし、新たな発見や刺激に繋がります。

③デートの費用

デートの頻度において費用を考えることは大切です。高い食事やテーマパーク、ホテルや旅行。これらが会う度に続いても平気な程の経済力を持つ人は多くありません。男性はついつい見栄を張ってしまいたくなるものですが無理は禁物。太っ腹と浪費は紙一重です。お金を使わない楽しみ方も2人でいればきっと発見出来るはずです。

④おうちデートのススメ

のんびり過ごせてお財布にも優しいおうちデート。何より人目を気にしなくても良いことが最大の利点です。たまにはDVDでも借りてゆっくり室内で過ごすのも充実した休みの使い方です。お金を使い、繁華街へ出かける事だけがデートではありません。しかしおうちデートの頻度が多くなりすぎてしまうと、今度は刺激や発見が足りなくなってしまうかもしれません。

⑤個人の時間も大切に

社会人であれば同僚との集い、同窓会や友人との飲み会など様々な交流が有ります。恋人であれば自分を優先して欲しいと言う気持ちは少なからずあるかもしれませんが、それを強要することは出来ません。デートの頻度とその他の付き合いの頻度、こちらもバランスが大切です。

⑥目標となる予定を立てる

例えば2人で温泉に行くのはとても豪華なデートの部類に入るでしょう。しかし突発的に行くことは困難です。一回のデート毎にプランを考えるのは簡単な事ではありません。ある程度先の目標となるような計画を2人で立てて、それを目標にすることが日々過ごす上でのモチベーションにも繋がります。


いかがだったでしょうか?

短い時間でも密な時間を過ごしたい人もいれば、何にも縛られずのんびり過ごすことを望む人もいます。頻度を考える際に大切なのはバランスです。お互いがずっと一緒にいたいと思うような、そんな刺激的なプランを2人で考えてみてはいかがでしょうか?