デート中に告白する6つのコツ

デート中に告白する6つのコツ

最近は、メールなどで告白をする人も増えています。理由としては、相手に面と向かってするわけではないで、気が楽なのかもしれません。しかし、される側としては、やはりデート中にされた方が嬉しいはずです。では、相手を喜ばせるためのデート中の告白の方法とはどのようなものがあるのでしょうか?



理想的な告白をするためのデート中の告白6つのコツ

告白をしようと思っても、タイミングが悪かったり緊張をしてしまったり難しい問題があります。しかし、世の中にはデート中の告白で幸せをつかんだ人が多くいます。今回は、問題を克服し幸せをつかむことができるデート中の告白のコツをご紹介します。

①自然体のデートをする

告白をする時はただでさえ緊張をします。それに加え、告白をすると決めたデートだからといつもより背伸びをしたデートプランにすると、告白の緊張に加え慣れない場所という緊張も加わってしまいます。よって、自然体でいられるいつものデートを行うことにより、相手に自分の気持ちを素直に伝えることができます。

②暗い場所を選ぶ

暗い場所は明るい場所よりもリラックスができます。また、暗いことにより相手の顔がはっきり見えませんので緊張を少しは緩和できます。告白の大敵は、やはり緊張ですのでリラックスをした雰囲気だとしやすくなります。

③2人きりで告白する

いざ告白をしようというときに、周りの話し声や視線が気になっては告白どころではなくなります。告白をするときは、2人きりで静かな場所のほうが、相手にあなたの気持ちが伝わります。

④デートプランを立てる

告白をすると決めたデートでは、あらかたのデートプランを立てた方がよいです。これは、当日の予定が決まっていると、無駄な労力を使わずにすみますし、安心してデートをすることができます。一世一代の告白の人もいるでしょう。それに全身全霊をそそぐためにも、デートプランはしっかり立てておきましょう。

⑤タイミングを決めておく

デートプランを立てたあとは、どのタイミングで告白をするかも決めておいた方がよいです。前述したように、暗くて2人きりになれる場所でするとなると、場所も限られてきます。その限られた場所を無駄にしないためにも、前もって告白のタイミングは決めておくべきです。

⑥言葉は考えておく

告白のためにとっておきの環境ができあがり、いざしようとしたときに、緊張のあまり言葉がでない、または自分の気持ちを十分に伝えることができなかったら元も子もありません。せっかく用意した舞台を台無しにしないためにも、ある程度は内容を考えておくべきです。実際は、その時に思った気持ちを伝えるのであっても、一度考えておくだけで、緊張もしにくくなりますし、スムーズに言葉がでてきます。


いかがだったでしょうか?

積極的な人もいれば消極的な人もいるように、デート中の告白は人それぞれです。しかし、人間の基本は同じですので、コツは大抵の人の役に立ちます。実際に実行するかしないかはあなた次第ですが、これらのコツが少しでもお役に立てれば幸いです。