デートの断り方6つの方法

デートの断り方6つの方法

全く興味のない異性からデートのお誘いがあったことは誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか。そのデートの断り方に悩み断りきれず行ってしまったりしてませんか?世の中では、どのようなデートの断り方をしているのでしょか?



デートの断り方6つの返事

デートの誘いは、意中の人からだけではありません。全くの興味がない異性からのデート誘いも多々あるでしょう。では行きたくないデートの断り方をどのような返事で断っているのでしょうか?世の中の人のいろいろな断り方のパターンを紹介していきます。

①仕事理由での断り方

デートに誘われそうな雰囲気って会話の中でなんとなく分かったりしませんか?そんな時に仕事の話に持っていきましょう。仕事がすごく忙しくて大変、休みがない、急に仕事がよく入るなどなどを伝えておけば相手は、誘ってもデートには来れないだろうと思うはずです。思いもかけない相手から急にデートに誘われてもこの断り方で忙しいからいけないと伝えてみましょう。中にはそれでもとこっちのことをなにも考えずに誘ってくる方もおります。そんな方には、仕事が何時に終わるかわからないなどを言っても良いのではないでしょうか。

②病気での断り方

デートに誘われたら今、風邪をひいていて・・・など病気で行けないことを伝えましょう。デートの誘いに応じてしまった場合にも急な体調不良としての断り方もできます。

③ツーショットでの断り方

デートと言ったら2人きりが当たり前ですがそこを覆しましょう。大体の方は2人きりがいいと言ってきます。そこに〇〇ちゃん〇〇くんも呼ぼうよ、〇人ならいいよと言ってみてください。2人きりのデートを断ることでデート自体の断り方になります。

④今後も誘われにくい断り方

デートに誘われて断る・・という方にはこのセリフはどうでしょうか?『次の機会に・・・』などこちらから今はその時ではないということを間接的に伝えましょう。この時点で大体の方はデートを誘ってもこないということを気づきます。

⑤異性を匂わせる断り方

この場合のデートの断り方、パートナーがいるなどいてもいなくても言ってしましましょう。又は、誘われた日程に他の異性との約束があるなどを伝えるのもいいです。パートナーがいるのに誘ってくる人もいるのでそこは強くデートには、行かない言っても構わないでしょう。

⑥家を理由での断り方

デートに誘われたら宅急便が来るから、姪っ子甥っ子が遊びに来るから、家の掃除をしないといけないからなどとにかく家を理由デートを断りましょう。この断り方は実際、用事が済めば行けるはずです。相手はそのことでデートに行く気がないと気づきます。


いかがだったでしょうか?

デートの断り方にもいろいろパターンがあり、そのなかで相手に間接的に伝えるか直接的に伝えるかさまざまです。相手を傷つけないように今後の関係に支障がないようにと考えてデートの断り方を選んで伝えるには、断り方を何個か用意しておくといいのではないでしょうか。