デートで手をつなぐ5つのタイミング

デートで手をつなぐ5つのタイミング

デートをする時には、大好きな恋人と手をつなぎたいものです。しかし、デートで手をつなぐタミングを見つけられないこともあります。特に付き合い始めたばかりだとデートをしていても手をつなぐことが出来ずにいることもあります。では、どのタイミングで手をつなぐといいのでしょうか?



デートで恋人と手をつなぐことの出来るタイミング

デートで相手に触れるには勇気が必要です。相手に触れるためにはタイミングが大切です。デートの最中に手をつなぐことが自然に出来るタイミングを知っておけば、デート中に大好きな恋人に違和感なく触れることが出来るのです。

①相手の手に軽く手を当てる

歩いている時に偶然手が当たることがありますよね。付き合い始めたばかりの頃は、デートをしていてもお互いに手をつなぐタイミングを見付けられずにいることも多いです。偶然手が当たれば、お互いの手が触れ合いますから、そこからデート中に手をつなぐ流れにもっていきやすいです。

②はぐれそうなふりをする

手をつなぐタイミングとして、女性にオススメなのはデートで人混みを歩く時です。女性は男性よりも歩幅が小さいので、はぐれやすいです。ですから、デートでは少し遅れて歩き、「待って!」とはぐれそうなふりをして男性の手を掴むといいでしょう。これならば自然に手を繋げますし、人混みを脱出しても、そのまま手をつなぐことを続けやすいです。人混みは、自然に手をつなぐ絶好のタイミングですから、遊園地や繁華街など人の多い場所でデートをすると手をつなぐのも容易いです。

③手をとって誘導する

デートで美術館や博物館、ショッピングモールなどを見て回っている時に、面白そうなものを発見したとします。これは、手をつなぐタイミングに最適です。口頭で「あっちも見に行こう」と伝えることも出来ますが、相手の手をとって誘導するようにその方向へ歩き始めれば自然と手を繋げます。

④手の冷えをアピールする

男性の中には、女性の寒そうに手をこすっている仕草にぐっとくる方が多いです。そのため、寒い時期のデートには手をつなぐタイミングが沢山あります。寒そうに手をこすって見せたり、「今日は寒いから手が冷えちゃった」と自分の手が冷たくなってしまっていることをアピールすれば、男性から手をつなぐアクションをとりやすくなります。自分から手をつなぐのが恥ずかしい女性ならば、男性が手をつなぐ行動をしやすいようにタイミングを作るのもオススメです。

⑤相手の手を褒める

誰かに褒められると嬉しいものです。手をつなぐタイミングがなかなか見付けられない時は、手を話題にするのが効果的です。相手の手の白さや指の長さなど、デート中に手に関することを褒めるようにすれば、関心は手に集まります。こうすることで手をつなぐタイミングを作れます。


いかがだったでしょうか?

デート中に手をつなぐタイミングを探すことは一見難しそうですが、意外に多いです。偶然手がぶつかったり、相手を誘導するようにして手をつなぐことで、デート中にそのまま手をつなぐ流れを作ることも出来るのです。