デートで映画に誘う5つの策略

デートで映画に誘う5つの策略

意中の人をデートに誘うのは勇気がいる行為ですよね。数あるデートプランの中で口実にしやすく定番なのが映画です。上手くいけばその後の話もぐっと盛り上がります。しかし安直だと思われることや、好みの違いから失敗する人も多いです。では、どのような誘い方、そして環境が映画デートを成功させるのでしょうか?



デートで映画に誘うための5つポイント

簡単なようで、デート映画に誘う際、気をつけなければいけないことが幾つかあります。そのように映画に誘えばデートに成功するのでしょうか。それではそのポイントについて説明していきます。

①事前リサーチをする

当然のことですが、相手の好みをリサーチしましょう。興味のない分野の映画を理由に誘っては、デートの成立すら危ういです。仮にデートはしてくれたとしても、相手にとって苦痛な時間となってしまうでしょう。映画は数時間座りっぱなしで鑑賞をしますので、その時間がストレスにならず、楽しめるように事前リサーチは念入りにしましょう。

②日時指定を利用する

デートに誘ったものの、具体的な話に進まないと悩む方がいらっしゃいます。その点映画デートははっきりと予定を立てやすいです。テーマパークは逃げませんが、大体の映画には公開日があります。「今度遊園地に行こう」は日時が曖昧になってしまうこともありますが、「公開中の映画に行こう」ならば大凡の日時を決めることができます。終わってしまう前に、等の言葉を加えて、デートプランを具体的なものにしましょう。

③情報を仕入れる

見に行く予定の映画について、事前に情報を仕入れましょう。話の筋や構成、裏話などを知っておくことで、デート中、話に困った場合でも対応することができます。相手を楽しませる心意気を持っていることが大切です。ただし威張ったり、さも博識なように語ると相手の心象を悪くしかねません。デートを華やかにするものだと認識して話すようにしましょう。

④まわりくどくしない

まわりくどいデートの誘い方は避けましょう。ただ遊びに行こうと言われるより、目的をはっきりとした誘いかたのほうが心象がいいです。映画は明確な目的となりますので、このポイントに当てはまって効果的です。場所や中身を決めたデートプランを提案した方が相手の行きたいという気持ちも高まります。出来れば相手の好みをリサーチした上で、具体的にどの映画か決めてあるとよりベターです。

⑤見て終わりにならない

映画を見ることをゴールにしてはいけません。終わったあとこそ、映画デートの本番です。お互いの感想を語り合うことで、共有感が生まれ距離も近くなります。しかし映画を批判しすぎるのはよくありません。文句や不平はデートのムードを壊してしまいます。相手の意見に同調しつつ、感想を語るなど最後までたっぷり状況を活かしましょう。


いかがだったでしょうか?

映画デートにおいて大切なのは、相手のことを気遣うことだということが分かって頂けたかと思います。雰囲気を作ることや行動を計画することがデートで映画に誘う際、大切なポイントとなります。相手を楽しませるという心意気で、5つのポイントを守り映画デートを成功させましょう。