同棲の生活費平均6つのポイント

同棲の生活費平均6つのポイント

今、同棲をする人が増えています。同棲することによって生活費の平均値を抑えたいという考えから始める方が多いですが、中々生活費を抑えることができないで頭を悩ませている方もいます。では、平均金額を低く保つためにはどんな方法があるのでしょうか?



同棲生活費の平均金額を抑える6つのポイント

同棲する際、生活費平均金額を抑えている人たちは、いくつかのポイントに沿った暮らし方をしています。どのような環境がコストを低くすることができるのでしょうか。その大切なポイントについて説明していきます。

①半同棲状態はやめる

なし崩し的に、半同棲状態になったという人を見かけます。なんの話し合いもなく流れに任せて同棲してしまうと、生活費の負担割合や家事等で揉めやすくなります。生活費の平均を抑える以前の問題になってしまいますので、半同棲状態になってしまうのは避けたほうが懸命です。

②家事の分担を入れ替える

家事を上手くこなすことによって、生活費の平均金額をグッと抑えることができます。同棲し始めのうちは、家事分担は定期的に入れ替えるようにしましょう。そうすることで向き不向き、そして生活費を削減できる節約方法について、毎回考えていくことができます。最適な方法を二人で考えて平均金額を減らしましょう。

③時間帯を揃える

お風呂に入る時間帯、夜寝る時間、食事を取る時間帯等を極力合わせるようにしましょう。自由に行動したいと考える方もいますが、折角同棲しているのですから、暮らしのリズムを統一させましょう。そうすることで生活費の大凡を占める「光熱費」を減らすことができるので、全体の平均を下げることができます。

④家計簿をつける

生活費を見直す基本の基本、家計簿です。改まったことを書く必要はありません。購入品や生活費の内訳、月々の平均金額を書くことで、同棲においてのメリット(食費削減等)を生かしきれているか知ることができます。また日々こまめにメモをすることで、何かを買う際に「これは本当に必要なものだろうか?」と無駄遣いをしにくくなるので、生活費の平均金額削減につながります。

⑤食事内容を見直す

4項目でも少し触れましたが、同棲においてのメリットは食費削減できるということです。それなのに外食を頻繁にしたり、何も考えずに食材を購入してしまっては生活費を抑えられませんし、月々の平均使用金額も増えていく一方です。同棲する意味が無くなってしまいます。今はインターネットでも節約レシピなども公開されていますので、様々な情報を活用して日々に役立てましょう。

⑥こまめに話し合う

他人同士が一つ屋根の下で同棲するのですから、当然トラブルも出てきます。一見、同棲の生活費仲の良さは関係なさそうにも思えますが、連携が取れていて、日々を見直すことができる環境こそが生活費の平均を抑えることに繋がります。今の習慣でよいのか、もっと努力できることはお互いあるのか。そして節約しながらも気持ちの良い関係を築けているのか。こまめに話し合い、意識を高めるようにしましょう。


いかがだったでしょうか?

当たり前だと思うようなポイントが多かったと思いますが生活費を節約し、平均金額を抑えるためには基礎を見直す必要があります。上記の6つのポイントを守って暮らしている人たちが同棲生活費の平均金額を抑えることに成功しています。当たり前のこともコツコツと努力していきましょう。