同棲の初期費用5つのポイント

同棲の初期費用5つのポイント

大好きな彼との時間が増える同棲生活、憧れますよね。でも一言で同棲と言ってもそのパターンは色々ですし、状況に応じた初期費用が必要不可欠です。新たに同棲を考えている人も、そうでない人も、初期費用について現実的に考えたことがあるでしょうか?



ケース別、同棲の初期費用の備え方とは?

同棲と言ってもどちらかがどちらかの家に転がり込むパターンや、2人揃って新たに部屋を借りるパターンなど、理由も状況も様々です。それぞれの初期費用について、フォーカスしてみましょう。

①どちらかの家へ引越

例えば彼女が一人暮らしで彼氏が実家暮らしという状況で、いつの間にか彼氏が彼女の家に住み、同棲が始まっていたなんてよくある話。これは、初期費用が最も安く済むパターンと言えます。相手が実家としばらく行き来しているようなら線引きが難しいケースですが、一緒にいる時間が増え始めたら、家賃や光熱費など、共同のものはきちんとお金を要求、支払うべきです。よほど荷物を持ち込まない限りは、初期費用という意味でのお金はあまり発生しないでしょう。

②2人揃って引越1

お互いが実家に暮らしていて、揃って部屋を借りて同棲という場合。家電製品など全て自分達で揃えなければいけない上に、さらに引越代も2人分発生するため、数十万単位で初期費用が必要になる可能性大です。この場合それぞれの荷物を運ぶ以外にかかる費用は、全てワリカンにしておく方が平等で良いですね。

③2人揃って引越2

②に続き今度はお互い一人暮らしの状態で、新たに別の場所で同棲を始める場合。これも、初期費用が多く必要になります。この場合初期費用に含まれるものは、必要のないものを処分するお金。家電製品など、同じものは2つもいらないですよね。意外とバカに出来ない処分費用を含め、初期費用として細々した金額がどんどん膨らんできてしまうので、油断は禁物です。

④初期費用を安く抑える

引越となると何かと高くついてしまいがちな初期費用ですが、少しでも安く抑えるためにはどうしたらよいでしょうか?まず、引越の時期を考えること。年末から春先にかけて転勤や入学などが増え、安くて良い部屋はどんどんなくなります。可能ならば引越のタイミングが選べるよう、早い段階で部屋を探し始めておくのがオススメ。その分お金を貯める時間の猶予も出来ます。また、いらない物の処分方法や新しい家電の揃え方も一工夫するだけで差が出るもの。人に譲ったり譲り受けたり…今はリサイクル方法も充実していますから、それらを上手く活用して初期費用を抑えましょう。

⑤お金のことは先に相談する

同棲を始める前に。初期費用はもちろん実際の生活が始まってからに関しても、どんな場合でもお金のルールはきっちり決めておくべきです。初期費用は特に、2人のために買うものが多くなりますから、最初からワリカンにしておきましょう。最初に平等に決めておくことで、生活が始まってからのトラブルも回避できるはずです。


いかがだったでしょうか?

★☆まとめ☆★
同棲にかかる初期費用、参考になりましたか?生活にかかるお金は知れていますが、初期費用となるとある程度まとまったお金が必要になります。同棲を始める状況によってかなり差はありますが、同棲を考え始めた時点で何も決まっていなくても、少しずつ一緒に貯金することをオススメします。