同棲から別れ7つの原因

同棲から別れ7つの原因

好きな人とせっかく始めた同棲も、ちょっとした事が原因で別れることになってしまうことがあります。同棲はそこからが始まりです。一緒に生活するためのポイントを抑えなければ、別れの原因となってしまいます。別れの原因となってしまうのはどんなことなのでしょうか?



同棲が原因で別れないですむポイント7つ

同棲したことが原因で、大好きな人と別れてしまっては本末転倒です。同棲することで相手をもっと理解し、自分のことを理解してもらうことで簡単に別れない深い絆を作ることが出来ます。そのポイントを7つ教えます。

①相手を理解する

同棲が原因で別れたくないのならば、相手を理解することが大切です。なぜ相手がそう思うのか、どんなことが好きなのか、どうされることが嫌いなのか、相手をよく理解することが必要です。別れてしまうカップルには相手を理解することが足りません。同棲するのならば、相手をまず理解するところから始めましょう。

②相手を思いやる

当たり前のことのようですが、同棲している相手を思いやるようにしましょう。様子がいつもと違わないか、疲れているように見えないか、悩みはないか・・・一緒に生活するパートナーのことを思いやることは、同棲が原因で別れてしまいためにはとても大切なことです。思いやりが足りないと相手の不満の原因になり別れたいと思ってしまいます。

③不満は溜め込まない

別れる原因を作らないためにも不満は溜め込まないようにします。不満が爆発してしまえば、同棲から別れる原因ともなりえます。小さな不満は、相手の期限のいい時をみはからって、明るく伝えるようにしましょう。泣いたり、怒ったりして不満をぶつけては別れの原因となってしまいます。それが原因で別れることにならないよう、伝え方も考えましょう。

④家事の役割分担を決める

ついつい同棲したての頃は、女性が家事の全部を担うなど無理をしがちです。その後の長い生活を一緒にするかもしれないのに、その最初に無理をしてはいけません。家事は得手不得手もあるので、それぞれが得意な所を担当して分担するようにしなければ、同棲が別れる原因にもなりえます。

⑤一緒に寝るようにする

同棲が原因で別れないためには、なるべく一緒の時間に寝るのが共同生活を上手く送るポイントです。自分勝手に夜遅くまで起きていたり、昼まで寝ていたりもたまにはいいですが、そんな生活を続ければ別れの原因になってしまいます。同棲して共同生活を送るならば、寝る時間はなるべく合わせるように努力すべきです。

⑥趣味を共有する

それぞれが別々の時間や趣味を持つことも大切ですが、2人で共有するものがあれば、絆は深まっていきます。同棲といえどもあまりにそれぞれが別々の時間を過ごしていると一緒にいる意味を感じず、別れる原因となってしまいます。

⑦折り合いをつける

自分のありのままで受け入れてくれる相手が理想かもしれませんが、同棲が原因で別れないためには相手に折り合いを付けるということは大切なことです。時に相手を受け入れ、時に自分を受け入れてもらい、折り合いを付けるということは自己主張をし続けることより難しいことです。そうやって相手を受け入れる努力をしつづければ、同棲から別れを切り出されることはないでしょう。


いかがだったでしょうか?

同棲をしても別れる原因となってしまうことは、自分自身を優先しすぎることにあることがお分かり頂けたと思います。相手を思いやり、相手を受け入れることで同棲も上手く行きます。別れの原因となるような自己主張は、必要最低限に出来るよう考えていきましょう。