ハグで愛情を伝える7つのコツ

ハグで愛情を伝える7つのコツ

愛情を言葉にして伝えるのは照れくさい。そんな経験をしたことはありませんか?恥ずかしくてなかなか言葉にできない愛情も、スキンシップでなら伝えられるかも。中でも、最も簡単で分かりやすい愛情表現はハグです。では、どのようなハグなら効果的に愛情を伝えられるのでしょうか?



ハグで愛情表現をするときの7つのポイント

相手に愛情を伝えたい、でも言葉に出すのは恥ずかしい。そんなとき、ハグは非常に有効です。しかし、ただ単に抱きしめればいい、というものではありません。ハグにも様々な方法があります。今回は、愛情を伝えるためのハグ、7つのポイントを紹介します。

①視線を合わせる

ハグにおいて重要なのは、相手と視線を合わせることです。アイコンタクトをすることで、相手と気持ちを通わせることができます。

②言葉を添える

日常では言えない甘い言葉も、ハグをしながらなら言えるかもしれません。相手を抱きしめながら、自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。抱きしめられていることで、相手も言葉を素直に受け入れやすくなり「愛されている」という自信がつくでしょう。

③後ろからのハグ

時には、後ろからするハグも効果的です。相手の顔がみえないことによって、より自然に言葉を添えることができるかもしれません。後ろから抱きしめることによって、相手に「包まれている」という安心感を与えることができます。

④頭に手を添える

ハグをする際に、頭に手を添えることも有効です。ハグは、ストレスの多くを解消することができると言われていますが、頭に手を添えることで”慰め”の意味も付け加えることができ、相手もより癒された気分になるでしょう。

⑤タイミングを考える

ハグをする際のタイミングを考えることは非常に大切なことです。状況によっては、愛情を伝えるためのハグも裏目に出てしまうことがあります。どうしてもタイミングが読めないときは、「抱きしめてもいい?」と相手の気持ちを窺うといいでしょう。

⑥ムードを作る

ハグで効果的に愛情を伝えるために、ムード作りをすることは非常に大切です。いきなりのハグも魅力的な場合がありますが、おいしいご飯を食べたり、きれいな景色を見て、お互いの気持ちが高まっているときにするハグは、相手にも受け止められやすく、より幸福感を感じることができます。

⑦思いやりを持つ

どんなスキンシップをするときも、相手に対する思いやりを持つことは必要です。力の込め方や、体の密着度で、相手のことをどう思っているかは伝わるものです。不器用ながらも、相手のことを想いながらハグをするということが、とても大切なポイントとなります。


いかがだったでしょうか?

ハグで愛情表現をする7つのポイントをご紹介しました。一度ハグをするだけでも、愛情を効果的に伝える様々な方法があります。言葉では照れくさい愛の表現も、抱きしめながらであればスムーズにできるかもしれません。