ハグの仕方5つのポイント

ハグの仕方5つのポイント

欧米ではあたりまえにするハグですが、その正しい仕方をご存知ですか。これからの日本はグローバル化して欧米文化を理解することが必要な時代になってきました。正しいハグの仕方を知らない為に、ハグをすることに少し抵抗を感じていませんか?



コツを知っていれば簡単なハグの仕方

まだまだ抵抗があるかもしれませんが、その意味を考えるとハグの仕方も納得がいくと思いますのでこれからそのポイントをご紹介したいと思います。あまり肩をはらずにリラックスしてハグをしてみましょう。

①目を合わせる

ハグの仕方でまず基本なのは、最初に相手と必ず目を合わせることです。アイコンタクトをしないハグは相手に気持ちは伝わりません。ハグの基本ですのでまずは腕を回す前に、相手と目を合わせ心を通わせることが大切です。ハグは色々な意味によってその仕方も変わります。しかし目を合わせることはどのタイミングでも必要なことですので、このハグの仕方に一番大切なアイコンタクトは必ず守ることがマナーです。

②時間のタイミング

ハグをするときの状況として、相手が家族や恋人、もしくは慰めてあげるときなど、状況と理由によってハグをしている時間のタイミングがあります。この時間のタイミングもハグをする仕方に大きく影響します。一番気をつけなければいけないのは必要以外に長くハグをしていることです。相手が恋人ならばいいのですが、体を離すタイミングの仕方は始めは相手に合わせているほうが無難です。ハグの仕方で一番気になるところでもあります。

③相手に了解を得る

欧米のかたはほとんどの場合相手に了解を得ずにハグをします。それは逆に失礼にあたるということもあるからです。まだハグになれない私たちには、相手に確認してからハグをする場合も必要かもしれません。了解を得る仕方もさまざまですが、友達同士など気心知れた相手ならば、冗談風に相手に聞いてみても良いです。どの場合にせよ、相手にプレッシャーをかけてハグをしてもらうことだけはしないほうがよいです。

④心を込める

ハグの仕方の上級になると、心込めた場合相手にその気持ちが伝わるようになります。それは相手の体をハグしたときの力の込め方や、ボディの密着度でわかります。ハグの仕方がわかると、心のこもったやさしいハグができますし、どんな状況のハグにせよお互いの心を通わせる意味もありますからハグの仕方において、とても大切なポイントとなります。心を込めたハグは一日に何度しても気分の良いものです。

⑤腕を広げる

ハグをするときのきっかけを作るタイミングとしても、腕をひろげることにより相手のリアクションがわかります。ハグをしたい相手に腕を広げて近づくことで自然と受け入れてもらえます。相手からのアクションを待たずに、自分から腕を広げていくことはハグの仕方としてはとても理想的ですし、相手からもとても好感を持たれることです。ハグの仕方は頭で考えずに、直感ですることを頭において置くとても自然にできるようになります。


いかがだったでしょうか?

以上のようにハグの仕方にはちょっとしたポイントがありますので、これを知っておくと突然のときにも慌てずにハグが出来ますし相手にも失礼にならないです。その仕方はさまざまかもしれませんが、ハグを求められたらいつも自然に出来るようにしてください。