復縁までの期間5つのポイント

復縁までの期間5つのポイント

恋人としての別れの際、今生の別れを選ぶ方も居れば復縁を選ぶ方も居ます。復縁を願う場合、それを達成させようとする期間の内、どの時期に動き始めるかで結果と内容に変化がある事は意外と知られていません。では、復縁を願っている期間はどのように立ち回ればいいのでしょうか?



時期別で考える復縁までの期間5つのタイミング

元恋人との復縁を願い、その想いを真っ直ぐに伝えるもの悪くありません。しかし、それを行う為の適切な時期・期間というものが存在し、そこだけはしっかり押さえておかなければなりません。では、その復縁に適切なタイミングを5つにまとめました。

①数日

ただの喧嘩別れの場合、この期間で復縁する可能性があります。要するに、冷却期間がそれほど必要の無い案件である場合、ほんの数日程度で復縁となり得るのです。ただ、その冷却時間が短く済んだのは自分「だけ」かもしれません。相手はまだ怒り心頭で、あなたに対する嫌悪感で埋め尽くされている可能性があります。ここはいっその事、全面的に謝罪しましょう。

②半年

この期間は、自分もそうですが相手も「恋人の重要性」を再認識し始める期間です。それほど根が深くない別れ方の場合は、この期間で十分に復縁が狙えます。別れて「一度も」お互いに連絡をしていない場合は、電話を掛けるか直接会いに行って「相手の反応を伺ってから」復縁を臭わせてみましょう。この時点で、まだ相手にそういう気が無い場合は、もう少しだけ期間を置くのも手です。

③一か月

この期間にまでなると、この期間中に適度な連絡の取り合いをしていないと復縁の可能性は低くなります。道ばたでばったり、で復縁となるケースもありますが、確率としては皆無と言って良いでしょう。よって復縁関係無しで、この期間を超えてしまう前に相手に連絡を取る事が必要です。復縁を臭わせるのは後回しにして、まずは関係を維持する事が必要となります。

④三か月

正直なところ、この期間に差し掛かるまで一度も連絡を取っていないとなると、復縁の可能性が極めて低いと言わざるを得ません。逆に、別れてからこの期間まで連絡を取り合っていた場合は、他の期間には無い大きなチャンスとなります。簡単に言えば、相手がこの期間まで連絡を取り合っている場合、まだあなたに愛情が残っている確かな証拠なのです。ここは迷わず相手に突撃しましょう。

⑤一年

この期間まで来ると、もはや連絡有る無し関わらず復縁の可能性は0と言っても良いでしょう。相手があなたと連絡を取り合っているのも、もはや愛情ではなくただの「情」でしかありません。しかし、無理と分かれば当たって砕ける気持ちで突撃してみるのも悪くはありません。自らの手で結末を作りましょう。もし、それで相手からOKが出れば、その相手はきっと生涯を共にする相手なのです。


いかがだったでしょうか?

その時期・期間で復縁となるタイミングはまちまちです。相手の人柄や性格、考え方を考慮して行動すると良い結果となる得るでしょう。ただし、相手に復縁を願う気持ちがあればこそ、となりますのでその辺りは注意しておきましょう。