復縁の冷却期間5つのポイント

復縁の冷却期間5つのポイント

恋人と復縁したいと願う方は多くいらっしゃいます。ですがやみくもに復縁を願うだけでは成功しません。終わった恋をもう一度咲かせている人たちはみな、冷却期間をおいているのです。冷却期間をおくことが復縁成功のポイントとなります。ではどのように期間を設けることが効果的なのでしょうか?



復縁するための冷却期間をについて5つのポイント

復縁を成功させている人たちは必ず冷却期間をおいています。しかしただ間をあけるのではなく、ポイントに沿って冷却期間を有効に使用しているのです。それでは復縁する上で有効となる冷却期間の置き方について説明していきます。

①ネガティブ発言をしない

自分に自信がないと、つい「どうせ自分なんか」「どうせ復縁できない」などの発言をしがちです。ネガティブ発言は復縁を自分から遠ざけてしまう一因です。相手も「自分はダメ」だと言っている人と復縁したくないはずです。自信がないと全体的な印象も暗くなってしまいます。冷却期間を無駄な時間にしないためにも、冷却期間中が後向き発言をするのではなく、前向きに過ごしましょう。

②時間を有効に使う

ただ冷却期間を置いているだけでは復縁に近づきません。「この冷却期間の間に何をしよう」と計画を立てる事が大切です。自分磨きに費やすもよし、新しい趣味を探してみるのもよし。前の同じままの自分から脱却し、復縁に向けての時間を有効活用しましょう。時間を有効に使うことにより自信も増し、前よりも輝く自分になることができます。

③復縁のみを目標にしない

「復縁のための冷却期間」なので、当然復縁を目標にしてしまうかと思います。しかし復縁のみを目標に行動してもうまくいきません。冷却期間中に作らなければいけないのは「復縁に向けた自分」ではなく「もっとステップアップした自分」です。また再会したときに魅力的だと思ってもらうためにも、目標を一点集中させず、視野を広く持ちましょう。

④我慢をする

冷却期間中、つい相手と連絡を取りたくなってしまうかと思います。復縁を焦るが故に取ってしまいがちな行動です。しかし「別れている」のですから、それでは相手もうんざりしてしまいます。折角の冷却期間が意味をなしません。復縁したい気持ちを抑えて、連絡は基本的に取らないようにしましょう。もどかしいかもしれませんが復縁に向けての大切なポイントです。

⑤冷静に振り返る

冷却期間中は、何故別れてしまったのか冷静に振り返ってみましょう。相手が原因の別れだ、と思っていても冷静に考えれば自分にも原因があるかもしれません。他の項目でも述べたように、自分磨きの一環だと考え感情的にならずに思い返しましょう。些細な事が復縁につながるポイントとなります。相手との「冷却期間」でもあり、自分のための「冷却期間」でもあるのです。


いかがだったでしょうか?

時間の使い方に関すること、そして心の持ち方についてが、大凡のポイントでしたね。復縁を願う心はついつい焦りを生んでしまいがちです。しかし慌てず5つのポイントを守りながら冷却期間を過ごしましょう。そうすることによって以前よりも輝いている自分、そして再び縁にめぐり合うことができるのです。