ジェラシーを感じる6つの時

ジェラシーを感じる6つの時

恋をすれば誰でもジェラシーに悩みます。恋愛から切り離せない、このスパイスがあるからこそ情熱的な楽しみも生まれるのです。しかし大切な相手に無意識に嫉妬を与えたり、ジェラシーや不安を理由に感情的な言動をとったりすると関係を破壊してしまう危険性も。では、人はどんな時にジェラシーを感じるのでしょうか?



知っておきたいジェラシーが生まれる6つの言動

長続きする恋愛・結婚には適度なジェラシーがあります。「まったくない」場合には友達・同居人のような存在になり退屈な関係になってしまいます。では、どのような時にジェラシーを感じるのか?具体的に説明してゆきます。

①異性と二人きりで遊ぶ

どこからが浮気かについては色々な意見があると思いますが、自分の恋人が異性と二人で出かけることはジェラシーの元になります。避ける手段があるなら避け、どうしてもむずかしいのならしっかり説明しましょう。

②異性の知人を例に挙げる

例えば彼女が料理を失敗してしまった時。「会社の○○さんならこんな失敗しないのに」という言い方をされるとジェラシーを感じてしまい素直に聞き入れられません。じゃあその人と付き合えば!?と問題がすり替わってしまいます。純粋に批判や注意をしたい時には「もっとこうしたらいいんじゃないかな?」と提案するのがベストです。容姿や態度についての要望を伝える時も同様です。「○○さんみたいな」というキーワードを出さないのが無難だと思いますが、どうしても具体例として使いたい場合には「○○さんの髪型、君がした方が絶対似合うし素敵だと思う!試してみない?」と恋人を褒める言い方にしましょう。これならジェラシーを感じることはなく、リクエストを実行してくれる確率も上がります。

③元恋人と連絡を取る

元恋人は他の異性とは違う存在です。どんな理由にせよ期間にせよ、お互いを選んで交際していた時期があるのですから。後ろめたいところはないからと堂々と伝えてもジェラシーを感じさせる原因になります。しかしばれなければいいという発想も危険です。誤解されないために、学校や職場などで接する機会があるとしても、メールや電話は連絡事項を伝達する程度に留めることです。個人的な連絡や相談は控えましょう。

④芸能人に夢中になる

これは個人差が大きいです。テレビを見ながら褒めるだけでもジェラシーを感じる人もいますが、完全に別の世界と考える人ならばコンサートやグッズ集めに夢中でも趣味として見守ってくれるでしょう。相手の言葉を鵜呑みにせず、慎重にどこまで大丈夫なのかを判断することが大切です。

⑤友人と仲が良すぎる

一般的に「同性の友人がいない人は人間性に問題がある」という考えもあり、同性の友人と遊ぶこと自体は決して悪くありません。問題なのは恋人以上に遊ぶ、デート中もケータイを弄る、深夜の連絡や外出が重なるなど。嘘や浮気が混じってもわからない状況に不安が募り、溜まったジェラシーが爆発します。

⑥仕事や趣味に没頭

原因が人でない場合もあります。本人にしてみれば必然でも、恋人にさびしい思いをさせていることには変わりません。内容や理由を説明する、恋人と会っている時には控え、相手に気持ちを注ぐことで上手く両立してゆきましょう。


いかがだったでしょうか?

ジェラシーを感じるポイントは人それぞれですが、まずは代表的な6つを理解することが大切な関係を終わらせないための近道です。心安らぎ程よいトキメキもある、幸せな恋愛を目指しましょう。