ジェラシーの意味を考える5つのポイント

ジェラシーの意味を考える5つのポイント

ジェラシーは強い?弱い?付き合い始めのカップルや女子トークでもよくある話題です。恋人がとる行動の意味が分からない時それはジェラシーの表れかもしれません。そもそもどうしてジェラシーを持つのでしょうか?どんな意味があるのでしょうか?



ジェラシーな行動の意味を考える

ジェラシー、つまり嫉妬ややきもちというのは人それぞれ表し方が違いますね。それを意味する行動をとっている恋人に気づくことが遅れると大変なことになるケースもあります。ジェラシーが強すぎて鬱陶しがられるという悲しいケースもあります。

①不機嫌になる

これはまだ可愛いものでしょうか。しかし不機嫌度合いも人それぞれですね。みんなといる時は普通で二人になると不機嫌というタイプ。みんなでいる時から不機嫌というタイプ。恋人の気が他に行ってると感じてジェラシーを持っているのでその行動の意味はズバリ「気を引きたい」。私はこんなにジェラシーを感じるくらいあなたが好きなのよ!という意味です。度が過ぎると大人げないといえるでしょう。

②怒る

怒られた方としては驚くかもしれません。ジェラシーを相手に持たせてしまう人は気づいていないことが多いからです。しかし怒ることでジェラシーをして示してくる人はあなたは私だけのものなのに!という意味を含んでいます。つまり独占欲があるゆえのジェラシーという意味です。怒ってジェラシーを伝えてくる人は自分の独占欲を満たすことだけを考えていることをこの行動は意味しています。

③泣く

これは人によりますが、自信がない人がジェラシーを持ったゆえにとる行動といえるでしょう。いきなり泣かれても意味が分からない!となるかもしれませんが、とにかく自信がないのでジェラシーのやり場がなくて結局泣くという結果になるということが多いです。つまり自分が好かれているという保証が欲しいという意味なのです。

④他人行儀になる

これは少し嫌味な感情も含んでいます。不機嫌になるというのとも似ていますが、もう少しプライドが高い感じがするでしょう。そして少しおとなな対応なだけにあまり相手のことを信頼していないよという意味を含んだ行動かもしれません。ジェラシーを感じてもそれをあからさまには示さないところで相手を試しているのです。

⑤率直に伝えてくる

これが一番ジェラシーを解決しやすい方法でしょう。そして、相手も理解してくれるという信頼関係があってこそできる行動です。ですからあなたと恋人は率直に話し合える中という意味で、ジェラシーがあっても二人はこの先も大丈夫という風に思ってもいいでしょう。


いかがだったでしょうか?

もちろん個人差はありますが、ジェラシーの伝え方の意味を考えることで恋人のあなたへの信頼度や気持ちの程度が分かるということです。好きだからこそジェラシーを持つのですが、その感情の意味は人によって少しずつ違います。ジェラシーの意味を考えて二人で乗り越えれば、二人の関係は続いていくでしょう。