彼女が欲しいと感じる6つのケース

彼女が欲しいと感じる6つのケース

彼女がいないフリーの男性には「彼女が欲しい」と感じる瞬間が時々あります。このタイミングを狙ってアプローチをかければ、意中の人との親密度がアップする可能性が高くなってきます。では、フリーの男性は、どんな時に「彼女が欲しい」と感じるのでしょうか?



6つのケースから知る彼女が欲しいと感じる瞬間

男性が「彼女欲しい」と感じるのはどのような時なのか気になりますよね。女性が彼氏を欲しいと感じる時とは違うのでしょうか?ここでは男性の胸の内を少し紐解いていきたいと思います。

①仕事でミスをした時

仕事でミスをして落ち込んでしまった時、誰かに慰めてもらいたい、愚痴を聞いてほしいと思うことがあります。そんな時、優しく接してくれる彼女が欲しいと感じるようです。意中の人が落ち込んでいる時、そんな時は聞き役に徹したうえで、そっと優しい言葉をかけてあげると良いです。大袈裟な言葉などではなく、さり気ない一言の方がグッとくることが多いようです。

②病気になった時

病気になった時、風邪や過労でダウンした時、体だけではなく心も弱ってしまいます。そういった時に彼女が欲しいと感じる男性は多くいます。気持ち的に弱っている時なので、いきなりお見舞いに行くなどの積極的なことは避け、メールなどで気遣いの言葉を送るのがベストです。

③イベントシーズン

誕生日やクリスマス、初詣などのイベントシーズンがやってくると、彼女が欲しいと感じる人が増えます。いきなり二人で過ごすことは無理でも、友達を含めてパーティーやイベントなどを企画して誘ってみると、親密度が増すかもしれません。

④周りに彼女持ちが増えた時

彼女が出来ると友達より彼女が優先になり、なかなか男友達と一緒に遊んでくれなくなることがあります。そんな時に自分も彼女が欲しいと感じるようです。一人で過ごすことが多くなって寂しく思っている時ですので、ダブルデートなどを提案してみたり、積極的に誘ってみましょう。

⑤季節の変わり目

「彼女が欲しいと感じるのはいつ?」との質問に「秋冬」と答えた男性が多かったそうです。寒くなってくると人肌が恋しくなるといいますが、まさにその通りですね。冬はクリスマスやバレンタインなどイベントも多くありますので、積極的にアプローチしていくと良いでしょう。

⑥結婚を意識した時

友人の結婚式に出席した時や仲の良い夫婦や家族を見た時、結婚を意識して彼女が欲しいと感じる男性も多いようです。意中の男性が結婚相手に何を求めているのかリサーチして、アピールしてみましょう。例えば、お料理が得意だったり子供好きであるなど、結婚をイメージさせるようなことを前に出してアプローチしていってみましょう。


いかがだったでしょうか?

このように、男性は様々な場面で彼女が欲しいと感じることがあります。彼女がいなくても全然平気だと思っていた人でも、ふとした瞬間に彼女が欲しいと感じることがあるようです。そのタイミングを上手く掴んで、アプローチしてみてはどうでしょうか。