彼女へのメール6つのポイント

彼女へのメール6つのポイント

電話よりメール派が圧倒的に多い近年は彼女に毎日メール送信している方も多いですよね。ちょっとズボラな彼女さんでも思わず返信したくなるポイントがあります。少しの違いで差がつくメールがあります。大好きな彼女の心を掴むメールができれば、こんな嬉しいことないですよね?



彼女がメール返信せずにいられない6つのポイント

意外と何気なく返信してるメールですが意外と文字だけの世界だからこそ重要であり、間違えると怖いものです。「そんなつもりない」と言っても後の祭。少し文面を変えるだけで彼女に好印象のメールを送りましょう。

①メール最終文章に「?」

どんな薄い文章も最終文で?を付け加えると疑問に文面は変わります。例えば「おやすみ。」と「おやすみ?」同じ文字でも?をつけるだけで「寝ちゃうの?」と相手が勘違いをします。すると「おやすみ。」と返信メールがくるパターンも多いです。「おやすみ。」と自分から完結してしまうとメールは自分から終えてしまうのです。しかし「?」をやたら文章に入れすぎも疑問質問だらけになりメンドクサイ状態になってしまいますので1回のメール内容に1「?」が良いです。

②短すぎ長すぎ文章はダメ

チャットじゃないんだから一行メールは返信回数も面倒です。そもそも一行メールは返信も早い為に携帯から離れにくい。送信した側も「こんなに短いのに何ですぐ返信できないんだ」と解釈しがち。逆に何文字打っているの?と思うほど長い文面も読んでて疲れてしまいます。彼女への強い気持ち、募る気持ちはあるのでしょうが長すぎると返信する方も打つことに疲れ「明日返信すればいいか」と思いがち。

③絵文字だらけにしない

男性で絵文字を頻繁に使いすぎるのは結構気持ち悪いです。絵文字は小さく意外とたくさんあると文面が見にくいこと、ハートなども結構男性は2度打ちなど連続で使いたがる人がいます。文面を打つことが面倒だから絵文字でごまかしてる人もいますよね。絵文字と文字のバランスは大事です。ハートの絵文字は1回程度の方が高感度良いです。

④方言はポイント高い

方言を取り入れたメールは可愛さを増加させます。彼女と彼氏が互いに違う出身地なら余計に、例えば男性が関西地区なら「明日やな?」など関西弁の何気ないメール文面でも高感度は高い。同じ出身者じゃない彼女も可愛い方言の彼氏マネして「そーゆうこっちゃ」など返信メール、「なんで。お前、関西弁やねん」など二人の中は盛り上がるキッカケになります。

⑤毎日しない

「押したら逃げる」と言う言葉があるように押してばかりではダメです。毎日メールする人の内容は「元気?」と文章内容も薄い。大好きな彼女は自分が思うよりも毎日の報告に差ほど興味はないのです。ならば一日置きメールに変えるだけで文章内容も、またメールが来る楽しさも倍増します。

⑥画像は効果的

メール文面に自信のない方に効果的な画像添付メール。何も書くことないと彼女からのメールを待ち返信するだけでは彼女も愛情を感じられません。例えば「ランチ」少し辛かったなど文面は感想だけでも良いし、路地で見た野良猫の動物の画像はより可愛さをアピールもできます。男性が「これ、可愛いか?」と思うような動物でも女性は愛くるしいです。


いかがだったでしょうか?

簡単に送信できてしまうメールですから文面など特にこだわってなく返信してしまうことが多いですよね。メールが苦手な方は返信メールばかりしてしまいがちです。それでは彼女が喜ぶメールは送れないのです。やはりメール考える知恵が必要です。