彼女が妊娠した時の5つの行動

彼女が妊娠した時の5つの行動

彼女が妊娠した、と聞いた時、大きく分けて2つの反応が考えられるでしょう。1つが、良かった、と思える場合、もう1つが、ちょっと待った、と思ってしまう場合です。彼女の妊娠が分かった時、男はどうすれば良いのでしょうか?



彼女の妊娠が分かった時の5つのとり得る行動

付き合っている彼女妊娠が分かった時に、彼氏が男としてとるべき行動について、順に5つピックアップしてみました。逆に言えば、これらのことを想定した上で、彼女とお付き合いをするべきだとも言えるでしょう。

①まずは彼女に寄り添うこと

彼女が妊娠することを望んでお付き合いをしているのであれば、もちろん喜ぶべきことが起こったということになります。一方、避妊していたのに・・・、と、彼氏が彼女の妊娠を望んでいなかったのであれば、間違いなく動揺します。しかし、最も複雑な心境の中にいるのが他ならぬ彼女自身です。ですから、まずは、妊娠の事実を教えてくれたことを受け止め、それは同時に一緒にそのことを考えて欲しいという彼女の心の現れでもあるので、彼女に寄り添って話をしてみましょう。

②病院に行く

彼女の妊娠の告知を受けたなら、もしまだ査薬等での簡易検査の結果であるのであれば、できれば2人で産婦人科に行きましょう。検査薬の精度は高いものがありますが、きちんと病院で検査をしてもらって、妊娠の状態や予定日なども教えてもらいます。彼氏が何か不安に思っていることがあれば、遠慮なく医師や看護師に質問して、妊娠の事実をしっかりと受け止めるようにします。

③経験者に聞いてみる

彼女の妊娠が事実となった場合、式を挙げていなかったり籍を入れていなかったら、これを契機に結婚するかどうかという話に自ずとなります。たとえ避妊をしていたとしても、それが完璧ではないというリスクを知った上で彼女とお付き合いをしているはずですが、時期的にまだ妊娠・出産ということが困難であれば、そのことも合わせて、どちらかの親や妊娠・出産の経験がある友人などに打ち明けましょう。決して、2人だけで何とかしようと悩まないことです。

④2人で納得がいくまで話す

ここまでの過程を踏んだら、あとは、2人で結論を出さなければなりません。場合によっては感情的になってお互いを非難し合ったりすることも十分に考えられます。しかし、大事な2人と新しい生命の事について、納得が行くまで2人で話し合う必要があるのです。

⑤決断の時

人生は決断の連続です。彼女の妊娠を契機に結婚を決意するかどうかを男として決めなければなりません。子どもが欲しいと思っても与えられない夫婦もたくさんいらっしゃいます。彼女の妊娠をどう受け止めるか、彼氏の男としての正念場です。


いかがだったでしょうか?

必ずしもこの順番で、という訳にはいかないことも多く、戸惑うことも多いかも知れません。しかし、彼女の妊娠を知った時こそ、男としての本領が発揮される時です。そして、そのような決意を持って彼女とお付き合いしなければならないと言えるのです。