彼女に冷めた5つのケース

彼女に冷めた5つのケース

大好きな彼女のすべてが可愛くてしょうがない、なんて思っていたらちょっととしたことで彼女に冷めた、なんて経験がありますよね。人間性もちらりと見えてしまうような、彼女に冷めた瞬間はこんな時ではありませんか?



好きな彼女にも冷めるこんな場合

付き合っている彼女のことはよくわかっていたはずなのに、一瞬にして冷めたなんてケースはよくあります。思っていた人とは違ったなんて残念な思いをする事も実際にはあります。

①異性を気にしすぎる

毎回二人で会う時に、彼女は綺麗にお洒落をしてきます。それは自分のためと思っていたら、どうやら他の男性からも注目されたいという願望があった、なんてちょっと欲張りだった彼女に冷めた場合です。注目されたくて、彼氏と一緒にいるのにもかかわらず彼女は異性を気にしすぎて、彼氏が冷めたケースはよくあるパターンです。一人からの注目を浴びることでは満足できない、なんて彼氏が冷めても仕方がないことです。

②金銭的に頼りすぎる

はじめは食事代でもプレゼントでも気前よく払ってくれた彼氏も、それがだんだん彼女に対してのストレスに変わっていくことがあります。二人で楽しめることならまだしも、彼女の個人的な買い物までおねだりされるようになると、彼氏もあっという間に冷めた、なんてよくあります。彼女が金銭的にルーズな場合に冷めた、という男性は数多くいるでしょうし、長く付き合う為にそれはとても重要なポイントになることです。

③家庭的でない場合

おいしい彼女の手料理を食べたいのはどの男性でも思うことです。結婚を意識していなくても付き合っている彼女には、家庭的なことを求めたくなります。彼女に冷めたケースで、料理が下手だった、なんてこともありますがそれがいい例で、家庭的な知識がまったくない彼女に彼氏が冷めた、ということはよくあります。特に、掃除や料理といったことは女性として出来ないといけないことですし原因がそこにあるものです。

④彼氏を馬鹿にしている

付き合っていくうちに彼女がだんだん全てをリードしてくる事があります。彼氏が彼女に冷めたケースには、彼女が彼氏の男性としてのプライド傷つけるときがあります。そしてそれを少しも悪いと反省できない彼女は、彼氏があっという間に冷めた、という結果になることがよくあります。繊細なそんな男性の気持ちをわかってあげられない彼女は、人としても付き合ずらい人間になってしまいます。

⑤同性から好かれていない

とてもかわいい彼女には何も問題がないと思っていた彼氏も、実は彼女が同性から好かれていないことを知ると急に冷めてしまいます。同性から好かれないということは、なにかしら人間的に問題があるものです。そんな不安を持ってしまうと、彼女に冷めた、なんて結果になっても仕方がありません。どんな相手でも上手に人間関係が作れないと、恋愛も上手にはいきません。彼女に冷めた理由にはそんな場合もあります。


いかがだったでしょうか?

これらのように、盛り上がっていた時には気がつかなかったような事が、ある日ふとした瞬間に見えてしまいます。彼女に冷めた原因は、数々の理由があるでしょうが、一旦相手の嫌なところが気になりだすとどんどん冷めていく一方です。