彼女を作る5つの方法

彼女を作る5つの方法

彼女を作るためにどうしたら良いかと悩む男性の皆さんは少なくないでしょう。男と女の1対1の出会いとその後の展開は、小説よりも奇なりとも言える様々な要因によって起こります。キセキの出会いを果たし彼女を作る方法は何なのでしょうか?



彼女を作るキセキの方法

1人の男と1人の女が出会うのは、確かにキセキ的かも知れません。そう考えれば天に祈るしかないと言えます。が、そのキセキの出会いを果たし、彼女作る段階に至るには、努力が不可欠なのです。

①まずはどうやって出会うか

“時間が無いと言うな、時間は作るもの”と言われるように、彼女を作るための第一歩の出会いもまた、自分で作るものなのです。職場に出会いの場が無いのであれば、他の機会に自身を積極的に置くべきですし、SNSなどのネットを活用した出会いのきっかけを意識して持つ必要があります。

②人間として魅力的に接する

良い出会いをした後は、きっかけが合コンなど相手も彼氏を作ることを切望している場合以外は、まずは人として誠実にお付き合いをすることを考えるべきです。仮に相手がその後彼女という立場に至らなかったとしても、必ず自身の成長の肥やしになります。焦らずに、個人としての魅力をアピールしましょう。

③苦楽を共にし距離を縮める

二人の良い関係が続いても、単なる友人で留まっていては、彼女を作るということにはなりません。そこで、二人の距離を縮める話になります。男女は、お互いが相手を異性として意識し、自分に無いものを補ってくれる存在と思える時に、相手の存在がかけがえのないものとなります。そのために二人に共通するものに取り組む機会を作るのです。一緒にできるものを見つけ、一緒にやろう、一緒に出かけようと、苦楽を共にするようにします。

④異性として更にアピール

一緒に仕事をしている、同じサークルにいる、普通に話せる女友人は結構いるのに、彼女を作るという段階に至らないのなら、恋愛対象になるような努力をプラスする必要があります。つまり、男としての魅力を積極的にアピールするのです。男と女は所詮違う生き物であり、彼女に合わせるだけでは単なる中性にしか映りません。男として、積極的に女性をフォローしたり、少々強引にでも女性をリードして“女が頼れる男”になるべきです。押しまくるというより、こちらに引っ張るというイメージです。

⑤一緒に居たい男になる

単にいい人や優しい人、ステキな人で終わらないための最後の方法、それは“相手に絶対に必要な存在になること”です。そのためには、今まで男性としての「引き」のアピールをして来たのなら、今度は「引っ張られる」存在になってみるということです。相手が、この人と一緒に居たいと思えるかということです。具体的には、彼女に相談したりして精神的に頼るということになります。自分のことを信頼して悩みを打ち明けてくれた男性を意識しない女性はいません。


いかがだったでしょうか?

5段階に区切って彼女を作る方法をご紹介して来ましたが、順番通りに、マニュアル通りに事が運ぶということはありません。どれか1つを実践しただけで彼女となってくれることもあるし、他の方法になかなか展開しないという場合もあるでしょう。でも、諦めず信じて実践して下さい。