彼女の別れ方6つの方法

彼女の別れ方6つの方法※探してきた画像をココに張り付け※

「彼と別れたい…」仲良く付き合っていたとしても喧嘩や食い違いなどでそう思うことが増えていく、やがてそれらが積み重なり別れ方を選ぶ彼女も多いことでしょう。しかし別れる際にも色々と心配事はあります。どうすれば跡を濁さずに彼女は彼との終止符を打つのか、またどうすれば上手な別れ方ができるのでしょうか?



彼女の上手な別れ方6つの方法

別れ方といってもそう簡単なものではありません。真剣に付き合っていればいるほどその人との別れは辛く、悲しいものです。では彼女はいかにして彼との別れ方を決断したのか、その方法について説明していきましょう。

①きっかけを探す

そもそも彼との別れ方を決めたきっかけは何だったのかよく思い出してみましょう。「彼女として、もっと大切にして欲しかった…」など、その時の感じた状況や心境をできるだけ細かく思い返し、紙に書くなどすることで頭そして心の整理をしていきます。心の整理は彼女のため、そして彼のためにも必要なことです。この段階では決して試着せずに一つ一つ丁寧に思い出してみましょう。

②よく考える

きっかけをしっかりと見つけ頭、そして心の整理をしたところで次に彼女が行うのはよく考える、ということです。本当にこの別れ方とで良かったか、自分の答えはあっているのかじっくりと考えてみましょう。心の整理をし、考えることで過去の状況で彼女ができたはずの解決点や、彼に求めることができた改善点も見つかるはずです。そうすることによって彼女は別れ方という答えがより明確になり、自分は間違っていないと再確認できるようにもなります。

③思い出に浸る

よく考え、それでもその別れ方を出したところで次に彼女が行うのは、思い出に浸るということです。彼と出会い、2人で積み重ねてきた時間にはたくさん楽しかった思い出もあったはずです。その時の嬉しかったこと、幸せだった思い出に浸りましょう。思い出に浸り、幸せを思い出し、そして彼女は別れ方を決断する、そういった段階を踏んで行くことで相手への思いやりも素直に出せるようになります。

④彼への感謝を示す

別れ方を決断しながらも彼の思いやりを持つことができるようになってから彼女がやる事は彼に感謝を示すことです。別れ方の後彼女として彼に出来る事はありません。最後に彼に彼女として1つでも感謝を告げましょう。彼への感謝は別れ方で彼女の新しい出発の後押しになります。少しでも気持ちよい別れ方ためにも相手への思いやりは忘れずにいましょう。

⑤誠実に告げる

彼に感謝を告げた後に彼女がする事は、誠実に告げる別れ方です。真剣に付き合っていたからこそ、別れ方も真剣に決めたのだと彼に示しましょう。できれば直接会って2人で話すことが理想ですが、それができないのであればメールでも電話でも構いません。どうすれば彼に自分の思いが届くかが大事なのです。出逢えたことを感謝し、それでも彼女は別れ方を選んだ過程は自分を見つめ直した分、彼に丁寧に伝わるはずです。

⑥ご褒美を忘れずに

真剣に考え、彼を思いやり、別れ方を選んだ彼女はとてつもないエネルギーを使ったはずです。別れ方を実行し、彼と離れた後彼女は彼女自身に十分なご褒美を与えてあげましょう。ゆっくりと休むもよし、友人と旅行に行くもよし、よくやったと思い切り自分自身を褒め、心を癒しましょう。


いかがだったでしょうか?

彼女が別れ方を選ぶにはそこに至るまでの過程がとても重要になります。自分自身と真剣に向き合い、そして感謝し、彼を思いあった上で彼女自身の言葉で誠実に気持ち伝えることが彼女の上手な別れ方の近道になるはずです。