カップルの待ち受け5つのポイント

カップルの待ち受け5つのポイント

カップルにとって、同じアイテムを持つのは特別なこと。けど仕事や生活によってはなかなか同じものを持てない…。そんな時、気軽に出来るのがケータイの待ち受けです。ケータイなら普段、持ち歩いているし、無くす心配もほとんどありません。それではカップルの待ち受けとは一体どのようなものにしたら良いのでしょうか?



仲良しカップルの待ち受け5つのポイント

カップルでケータイの待ち受けを一緒にしても、他の人が見て不快に思うようなものだと、気まずくもなるし、良い感じがしません。ここでは待ち受けにした時にカップルだと共有感が持て、且つさりげなく自慢できるような待ち受けを紹介していきます。

①2人一緒

好きなものをカップル2人で一緒の待ち受けにすることで、共有感が生まれます。ですが、ふと他人の目にはいった際、不快にならないように気をつけなければいけません。

②2人にしか分からない

カップルで一緒の待ち受けにしてみるなら、誕生日のケーキ、一緒に見に行った映画、おいしかった食べ物、飼っているペットなど2人にしかわからない写真にすることで、秘密を共有することはもちろん、2人だけの思い出にもなって良いでしょう。他人に「何の写真?」と聞かれたときも説明がしやすいでしょう。

③2人でひとつ

他の人が見たときに「なんだろう?」と思う待ち受けも、2つそろえば1つの画像になる。そんな待ち受けにすることで、カップルで秘密を共有している感じがして良いでしょう。また、カップルが二人きりの時間をすごしている時に、待ち受けを1つに合体させることで、また、会いたいと思ったり、また会うために努力しようという気持ちが芽生えたりするでしょう。

④相手の写真

カップルが相手の笑顔を待ち受けにすることで、元気がもらえます。仕事でうまくいかないときや、良くないことがあって落ち込んでいる時に、待ち受けで相手の顔を見ることで癒されたり、やる気がでます。また、その笑顔をもう一度みるように努力したい、という気持ちも芽生えてきます。他にも、待ち受けを人に見られたときに、「恋人だよ」と気軽に紹介できるのも良いところです。

⑤一緒にいる写真

恋人だけの写真をゲットするのが難しい場合、カップルで行ったイベントや旅行にいった時の思い出などを2人で待ち受けにしてみましょう。カップル2人の楽しかった思い出がよみがえり、良い気分になったり、また一緒に楽しいことがしたいなという気分にさせてくれます。また、他の人に見られた時、恋人の話だけでなく、実際に体験したイベントや、場所の話も出来るといった利点もあり、話の種は尽きないでしょう。ですがあまり過激な写真にならないように気をつけましょう。


いかがだったでしょうか?

カップルで待ち受けを同じにしたりテーマを一緒にすることで、元気がでたり秘密を共有したり、人に見られたときに話の種になったりと様々な利点が出てくると思います。ラブラブなあまり、過激な写真にならないよう気をつけなければいけませんが、たまにはカップルで待ち受けを一緒にしてみてはいかがですか?