彼氏に依存する5つの傾向

彼氏に依存する5つの傾向

好きだという気持ちを彼氏にはどうしても表したい、しかしその思いがうまく表現できないと、彼氏に依存しているように見えてしまいます。本人があまり気がつかないその依存は、はたしてどのようなときに起こるのでしょうか?



5つの傾向に見られる彼氏への依存

彼氏のことは大好きですが、時には同じような気持ちを相手にも求めてしまうことがあります。それが依存となって現れることもありますので、ここでその5つの傾向をご紹介します。

①行動を束縛してしまう

これはよくあることなのですが、彼氏がどこのいるのか、今何をしているのか気になって頻繁にメールや電話をしてしまいます。本人には束縛をしているという認識がほとんどない場合が多いですが、女性には一番多い彼氏の依存です。好きだから仕方がないと思いながらも、どうしても彼氏の行動を知っていないと不安になり依存していることになります。信頼関係に問題がある場合もありますが、彼氏にするとこれは束縛されてる負担になります。

②金銭的な管理

二人の関係においてうまくバランスが取れないと、彼氏の金銭的なことにも口を挟みたくなります。すべては彼氏のためと思ってやっていても、特に金銭面はプライベートなことですので依存していることの現れです。結婚もしていないのに、彼氏の金銭を管理したりするのは自分が二人の関係をリードしたい場合に起こる依存です。優しい彼氏はあなたのそんな気持ちを受け止めながらも、依存されていることを感じざるを得ません。

③必要以上の嫉妬

彼氏は男女問わずに友達との時間を楽しみたいときがあります。依存してる時にはこの女性の友達ですら信用できなくなり、必要以上な嫉妬を繰り返してしまいます。友達ならまだしも、彼氏の会社の同僚など、仕事上の付き合いですら浮気の心配ややきもちで不安になります。この依存は彼氏を自分のものだけにしたいという気持ちからおきる事がありますが、執拗な嫉妬は彼氏にとって精神的な負担を与えることになります。

④我慢をしてしまう

どんなときにも彼氏の意見に従い、嫌なことでも我慢してやってしまう依存があります。嫌われたくないという不安から、彼氏のやりたいように、喜ぶように常に判断をゆだねてしまいます。心が彼氏に完全に依存している証拠でもありますが、我慢をすることで彼氏には自分の愛情が伝わっていると誤解をしている場合もありますが、これは完全な依存で、二人の関係のバランスは完全に取れていなくなっています。

⑤自分を見失う

彼氏と一緒にいたい為に自分の全てをなげうってしまう場合の依存です。趣味や習い事などに夢中になっていたのに、彼氏と付き合いだしてから自分の時間を完全になくし、彼氏にささげてしまいます。自分の幸せすら見失い、依存をしているだけで満足している場合です。自分の為にしなければいけないことも分からなくなり、彼氏との時間だけが生活の全てになってしまった時、この状況も依存している結果になります。


いかがだったでしょうか?

このように愛情の表現がうまく出来ないと依存となって現れる事があります。自分の気持ちだけでなく彼氏の気持ちや立場も考えて上手に感情のコントロールをする必要があります。初めての彼氏に依存する場合もありますが、恋愛経験が豊富な人にもよくある事です。心配性な人に、よく彼氏に依存する傾向が見られます。