彼氏が彼女を愛する5つの秘訣

彼氏が彼女を愛する5つの秘訣

恋愛において多くの男性は彼女を愛する方法を間違っていたりして誤解を招くことや別れてしまうなどのつらい想いをしたことがあるはずです。それでは彼氏として彼女を上手く愛する方法いわゆる秘訣というのはあるでしょうか。彼氏として何をすればいいのでしょうか?



彼氏が彼女を上手く愛する5つの方法

彼氏なら彼女のことを愛するのは当然のことです。しかし、その愛し方は彼女にとって自分は愛されてると思わせているのでしょうか。彼女のことを愛しているのに彼女には伝わっていないということはありませんか。彼女に伝わる愛し方というのは一体どういうのでしょうか。

①彼女だけを愛する

口では彼女のことを愛するって言ってしょっちゅうほかの異性と楽しそうに話したり、笑ったり、仲良くしすぎるのは彼女を不安にさせがちなのでやめましょう。また、変にやきもちを妬かせようとして、ほかの異性に興味を示したり、思ってもいない言葉を言うのは逆効果がでます。一途で素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

②執着、束縛はほどほどに

彼女のことを愛している彼氏なら束縛したくなる気持ちはわからなくもありません。彼氏が自分のものだけにしたいというのも当然のことです。しかし、愛いてるから束縛するというのは間違っています。これはただの彼氏自身の自己満足です。自分が不安な気持ちになるのが嫌だから彼女を縛っておきたくなるのです。彼女からすると愛されているというより、自分を失った気持ちになるので束縛は軽いものだけにしましょう。執着もしすぎると、彼女は逃げたくなるので避けましょう。彼女の気持ちを一番に考えて愛することが大事です。

③格好に気を付ける

多くの男性は彼女の前だと落ち着くからといって服装や髪形など格好にそれほど気を使わなくなります。自分だって彼女がずっとパジャマの姿だとドキドキしなくなるはずなのに。女性だって彼氏がいつまでもカッコイイ彼氏、自慢の彼氏でいて欲しいわけです。いくら仲がいい仲でも彼女の前で格好はしっかりきめましょう。

④釣った魚でも餌はやる

釣った魚には餌をやらない人はたくさんいます。愛がさめたわけではありませんが、自分のものになったからといって安心してしまいます。彼女にプレゼントや愛情表現をちゃんとするように頑張りましょう。付き合っている相手には言わなくてもわかると思いがちですが、女性は常に確かめて確信したくなる生き物なので、たまには素直に気持ちを伝えて彼女を喜ばせましょう。彼氏からいつまでも愛されているという確信ができて喜ぶはずです。

⑤たまにはドキドキさせる

彼女は彼氏に対していつまでもドキメキを求めます。一緒にいると落ち着くからずっと一緒にいられる彼氏より、いつまで経ってもドキドキさせてくれる彼氏のほうに魅力を感じます。たまには好きとか、会いたいとかキュンとくる事を言ってあげましょう。そんな彼氏なら彼女はきっと自慢したくなります。


いかがだったでしょうか?

彼氏として彼女を愛する秘訣についてお伝えしました。ただ愛する気持ちがあればいいということではなくて、彼女に対する思いやりも大事であり、その気持ちをきちんと相手に伝わるように表現するのも大事です。