彼氏と喧嘩して仲直りする5つの方法

彼氏と喧嘩して仲直りする5つの方法

できればしたくない彼氏との喧嘩。しかし、他人同士が一緒にいれば、ぶつかってしまう場合もあります。そんなとき、彼が怒っているからといって同じように彼を責めてしまったら、その後の二人の関係は悪化するばかり。では、彼氏と喧嘩したとき、どのように対応すれば上手に仲直りできるのでしょうか?



喧嘩はチャンス!彼氏と上手に仲直りできる5つの方法

一時的であっても、彼氏との喧嘩はつらいもの。誰もが、できればすぐに仲直りしたいと思うものです。今回は、彼氏と仲直りできて、二人の関係もより良好になる5つの方法を紹介します。

①一度、言葉を飲み込む

喧嘩した瞬間は、感情的になっています。喧嘩の内容よりも、「相手を負かしたい!」という気持ちが上回り、取り返しのつかないことを言って相手の気持ちを傷つけてしまうことも。そんなつもりはなかった!と後悔しても、一度口にした言葉は二度と戻ってきません。喧嘩した際に、自分が感情的になっていることに気づいたときは、言いたい言葉を全て一度飲み込みましょう。

②自分の気持ちを落ち着ける

喧嘩してしまったときは、自分の気持ちを落ち着けることを優先しましょう。その際には、彼氏のいない場所で気分転換することがおすすめです。どうしても長い時間彼氏と離れることのできない場合は、トイレに行ったり、コンビニに寄って少しの時間一人になるだけでも効果的です。余裕があれば、前もって「一人になって気持ちを落ち着けたい」ということを彼氏に伝えるといいでしょう。

③自分から謝る

とにかく自分から謝る、ということは喧嘩を短期化させるために非常に有効な方法です。もし、喧嘩の根本の原因が彼氏にあり、彼氏の方が分が悪い場合でも、あなたから謝ることはできます。「感情的になってごめん」、「嫌な言い方してごめんね」、「もし、傷つけてしまっていたらごめんね」。彼自身、自分の非に気づいていても、謝るタイミングがなかなか掴めていないことがあります。あなたが先に謝ってしまうことで、彼氏も謝りやすくなるでしょう。

④優しい言葉で伝える

喧嘩した際に、あなたが彼氏にされて嫌だったことを伝えたい場合は、自分の感情や気持ちの整理をしてから、できるだけ優しい言葉で伝えましょう。優しい言葉遣いをすることで、彼氏もあなたの主張を受け入れやすくなります。

⑤スキンシップをとる

仲直りしたい気持ちがあるのに、どうしても自分の気持ちを上手に言葉で伝えることができない場合は、スキンシップをとってみましょう。例えば、車内で不穏な空気の中、彼氏の手を握ってみたり、部屋の中で急に抱きついてみたり。スキンシップの効果は偉大です。言葉以上に、あなたの仲直りしたい気持ちを彼氏に伝えてくれることも。意外にもスキンシップの後には、お互いに素直に「ごめんね」という気持ちや優しい言葉が出てきやすくなり、仲直りしやすくなります。


いかがだったでしょうか?

喧嘩はつらいものですが、素直な気持ちをお互いに伝え合うことはときに大切なことでもあります。喧嘩はチャンス。一時の感情で相手を傷つけることなく、優しい言葉で気持ちを伝えあうことができれば、二人の関係はより良いものに変わっていくはずです。