彼氏とプリクラを撮る5つのコツ

彼氏とプリクラを撮る5つのコツ

プリクラは手軽に、彼氏や友人と過ごした時間を思い出としてシールという形にすることが出来ますし、機種によっては画像を携帯に転送することも出来ます。皆さんの中にも、彼氏が出来たら一緒にプリクラを撮ることに憧れている方も多いのではないでしょうか?



彼氏とプリクラを撮る際に押さえたいポイント

女性ならば、プリクラに抵抗感も少ないでしょう。しかし、男性にはプリクラ慣れをしていない人も多いので、彼氏とプリクラを撮る際には気を付けたいポイントがいくつかあります。では、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

①撮りたいと伝えよう

女友達と遊んでいる時には、前もってプリクラを撮るという約束を取り付けていなくても流れで撮ることも多いでしょう。プリクラコーナーを見てみると女性だらけで、プリクラコーナーによっては男性の立ち入りを禁じていたり、女性同伴の場合しか男性の立ち入りを認めていないところもあります。男性には、プリクラ慣れをしていない方も多いですから、突然、プリクラを撮ろうと言われても彼氏が困ってしまうこともあります。ですから、彼氏とプリクラを撮りたいと思うのならば、事前にそうした思いを伝えておきましょう。

②女友達と同じはダメ

プリクラを撮る時には、可愛らしく写るための工夫以外にも変顔やポーズなど様々なコツがあります。頻繁にプリクラを撮っていれば、そうしたコツも自然と身につきます。しかし、慣れていない人の場合、どんなポーズをすればいいのか悩んでしまうことも多いです。彼氏とプリクラを撮る時には、彼氏が慣れていない可能性もあるということも頭において、女友達と撮る時のように、あまり奇抜なポーズや表情の作り方などを彼氏に求めないようにしましょう。

③優しく教えてあげよう

プリクラは進化し続け、カメラが何カ所もついているものもあります。プリクラは写真と同じようなものですから、カメラの位置は重要です。彼氏がプリクラ慣れをしていない人ならば、撮影ゾーンに入ってすぐに「カメラはここだよ」と教えてあげれば彼氏の緊張も解れます。

④落書きの品質を求めない

撮影が終わると、落書きタイムが始まります。彼氏と一緒に落書きをするのも楽しい時間になるでしょう。落書き機能を駆使して、面白く、あるいは可愛く仕上げる女性も多くいらっしゃいます。しかし、いきなり上手に落書き加工をするのは難しいものです。ですから、彼氏が落書き機能を上手に使いこなせていなくても仕方のないことだと思っておきましょう。落書きタイムで彼氏が困っているようだったら、簡単に日付を入れられるスタンプなどの機能の使い方を教えてあげるといいでしょう。

⑤お礼の気持ちを伝えよう

友達同士だと、撮り終わってもお互いの顔を笑い合ったりしながらプリクラを分けて終わりますが、初めて彼氏とプリクラを一緒に撮ったのなら、撮り終わった後に一緒に撮れて嬉しかった気持ちを言葉にして伝えましょう。そうすることで、プリクラ慣れしていない彼氏も「彼女が喜んでくれたのなら、自分も頑張った甲斐があった」と嬉しく思えます。彼氏と一緒にこれからも何度もプリクラを撮りたいと思っているのならば、撮った後の彼氏へのフォローも大切なのです。


いかがだったでしょうか?

プリクラ慣れをしている女性に対し、男性にはプリクラに慣れていない人も多いのです。ですから、彼氏がプリクラに慣れていない人ならば、自分がプリクラに慣れていたとしても多くを求めず、彼氏に合わせて撮影するのがコツなのです。

Comments

  1. 匿名 says:

    ミーハー女子いいね~