彼氏への連絡7つのポイント

彼氏への連絡7つのポイント

彼氏への連絡の仕方一つで仲が良くなったり、逆に悪くなったりもします。たかが連絡の仕方一つ、と思うかもしれませんが、彼氏はけっこう、女子からの連絡によって気持ちが変わってしまうことも多いのです。では、賢い女子はどういうふうに彼氏に連絡しているのでしょうか?



連絡の仕方で彼氏と仲良くなる7つの方法

付き合い始めた頃は大切にし合っていても、すれ違うことは増えていきます。しかしそんな時でも、連絡の仕方一つで彼氏はあなたのことを前と変わらず大切にしてくれます。では、そのためにはどういった連絡の仕方をすれば良いのか、具体的に見ていきましょう。

①同じツールで連絡する

彼氏のメールにはメールで返しましょう。どうしても話したい時はまず、「電話じゃダメ?」とメールしてみるのがベターです。彼氏にも、「電話したいけど、どうしてもメールしかできない!」という時もあるのを覚えておいてあげましょう。

②急かさない

彼氏からメールの返事がなかったり、かけた電話に出てくれないと不安になりますよね。かといって、また連絡をしてしまうと、男性は余計に返事をしにくくなったりもするものです。彼氏から連絡があるのを待ってあげましょう。

③頑張ってね、と伝える

全く関係ないことで連絡をしても、彼氏への電話やメールの最後に「仕事(勉強)頑張ってね」と付け加えることで、「俺のことを心配してくれるんだな」と感じ、会話の印象は格段に良くなります。彼女に励まされて不愉快になる男性などいません。

④たまには焦らす

とは言うものの、いつも優しくて言うことを聞いてくれるだけでは、飽きられてしまうことも。男性というのは勝手な生き物なのです。たまにはメールの返事を遅らせてみたり、電話を早めに切り上げてみたり。彼氏からの連絡を待ち続けてばかりでも、仲の良いカップルにはなれません。

⑤答えられる質問をする

男性というのは、はっきりと答が出せる質問が好きです。メールでも電話でも同様ですが、「何となく話をしたい!」「何となくメールをしたい!」という時でも、一つで構いません。彼氏に連絡をしたときには、簡単に返事ができる質問をしてあげることで、メールもすぐに返ってきますし、電話でもスムーズに話が進みます。

⑥「会いたい」は控えめに

連絡をしたときに彼氏が次のデートの予定を伝えてくれないとつい不安になってしまうものですが、そういうときにこちらから彼氏に「会いたい!」と伝え過ぎてしまうと、引かれてしまうこともあります。「会いたい」はあちらから言わせるよう、控えめにしましょう。

⑦連絡だけで満足しない

女性と違い、男性に取っては「連絡をしただけで安心」ということはあまりありません。彼氏に取っては、連絡というのはあなたに会うための手段です。逆に言えば、こまめな連絡は「会いたい」のサインかもしれません。そういう時には、「そろそろ会える?」と水を向けてあげましょう。


いかがだったでしょうか?

まるで仕事相手とのやりとりみたい、というポイントも多かったかもしれません。しかし、男性の思考というのは割と堅いものだったりもします。彼氏と仲良くするために、あなたが上手に彼氏を誘導してあげられる、そんな連絡の仕方を工夫してみて下さい。