彼氏との旅行6つのポイント

彼氏との旅行6つのポイント

彼氏と2人でいるのは楽しい、でもなんだかマンネリしてきた・・・そんな時はやっぱり旅行です。彼氏との旅行はきっと2人の中で特別な思い出のページになることでしょう。そんな彼氏と2人だけの特別な時間を共有できる旅行を楽しくすごすにはどうしたらよいのでしょうか?



彼氏との旅行、笑顔で思い出にできる6つのポイント

彼氏との2人っきりの旅行は考えただけでも楽しいもの。でも実際に行くと「あれ?ちょっと違う」なんてことも。それを戸惑いではなく新鮮な驚きと魅力にするための方法をご説明します。

①計画は余裕を持たせて

疲れ具合には個人差がありますし、どこでどんな興味を惹かれる事に出会うかわかりません。せっかく彼氏との旅行なのですからタイトなスケジュールよりものんびり2人で楽しめる予定を組みましょう。

②ダメ出しをしない

いつもとは違う環境で彼氏がドジをすることもあるでしょう。普段なら許されるダメだしも旅行先ではケンカの原因になり、旅行自体がつまらなくなってしまうことも。文句を言いたくなったら遠くをみて深呼吸するなど、ワンクッションおくと落ち着けます。ここは大人の対応で、ちょっとだけ我慢しましょう。

③最終決断は彼氏に任せる

どこに行くか、何をするか、どうするか・・・などちょっとした決断を迫られる事が旅行先ではよく起こります。その時に決断を彼氏に任せると「頼りにしてます」感を醸し出す事ができて彼氏にも好評価。ただし、その決断を上手に導くのは女性の役目。「こっちに行けたら楽しそうだな~」などの誘導はきちんとして決断の形は彼氏にしてもらうことで両方満足の旅行になります。

④非日常を楽しむ

そもそも旅行は非日常を楽しむ為のもの。いつもはこうしているという役割分担や常識を少しだけ逸脱するのも楽しいものです。控えめな女性が旅行先では少しアクティブに彼氏とのかかわり合いを増やすだけで目新しく、新しい魅力を引き出せるでしょう。

⑤改まって感謝を伝える

この際、非日常の旅行先で普段ではちょっと照れくさい事もやってしまいましょう。「いつもありがとう」「一緒にいれて幸せ」などやはり言葉にしたほうが嬉しいもの。彼氏からも同じような言葉が聞ければなお良いのですが、そこは「僕もだよ」の同意で納得しましょう。あくまでも自分の感謝の気持ちを伝えることに主眼を置いて。

⑥旅行だけは割り勘で

大きなお金の動く旅行。いつもの食事とはわけが違います。基本的な宿泊費、交通費などの旅行にかかるお金は出しましょう。お金は男性が出すと考える彼氏には途中で食べるご飯などをお願いしましょう。その代わり運転に疲れた彼氏にタイミングよく缶コーヒーを差し出すとか、小銭の必要な入場料などは積極的に女性が払いましょう。そして「なんだか結婚してるみたいだね」とにこっと笑いながら言えば彼氏の心にもぐっとくること間違いなしです。


いかがだったでしょうか?

彼氏と2人で楽しい思い出を作るにはちょっとした気配りと我慢が必要なようです。それができるのはやっぱり2人の間に信頼関係があるから。彼氏との旅行でお互いに新しい魅力を発見してもっと強い絆で結ばれるといいですね。