彼氏からの束縛5つ対処法

彼氏からの束縛5つ対処法

どんなに大好きな彼氏でも束縛の度が過ぎると気持ちも半減してしまします。そうなると彼氏の嫌なところしか目に入らない悪循環になりかねません。彼氏からの束縛も少し頭を使えば対処できるのです。好きな彼氏だけど羽伸ばせたならストレスもなく永遠に保てるのなら、そんな良い関係はないですよね?



彼氏からの束縛を回避するとっておき5つ対処法

対処法は意外と簡単です。要するに少しだけ細かい作業をマメにすることで彼氏は安心感を覚え束縛をしなくなります。束縛する彼氏は基本的に疑う要素があるか行動を四六時中監視したがるのです。大切なことは安心感を常にもたせることです。

①好きだよと毎日言う

単純なことですが「愛されている」と思えば心に余裕が彼氏はできます。束縛しようと思いません。あなたがクールな対応をしてしますと彼氏は「他に誰か良い人がいるんじゃないか?」と思い不安になります。不安が余計な妄想を抱かせます。単純なことですが「好きだよ」と軽く言っても嬉しいものです。「こんなに愛されているのに浮気なんてするワケない」と自信がもてるのです。

②逆束縛をする

彼氏が束縛をしてくるのなら逆に同じ束縛をするのです。結局は自分がされて嫌なことを身を持って体験することにより気づかせる方法です。「旅行は誰と行くの?どんな関係なの?いつからの知り合いなの?」質問攻めなら同様に質問攻めにする。彼氏はウンザリしてくるでしょう。逆束縛に嫌気を感じたら「あなたがやってることを同じようにしているだけ」と開き直るのも良いでしょう。男性は身をもって気づく生き物です。大抵の女性は嫌だと思いながらも仕方なく言うことを聞いているから束縛は終わらないのです。

③同棲はしない

同棲は束縛される要素がたっぷりあります。全然やましい事がなくても女子会ですら彼氏に気を使わなければならないのです。束縛する彼氏は空気読まず電話やメールをしてきます。同棲は自由な時間を互いになくし鮮度を落としますが彼氏と週1の関係は会いたい気持ちを高めます。会えたときの新鮮さ嬉しさを感じあれて互いに思いやりをもてるのです。同棲は互いに干渉してしまうものです。

④男の名前を登録しない

疑いを相手に抱いたら何を調べますか?携帯電話ですよね?メール履歴や通話履歴を確認しますよね?男性の名前は良からぬ妄想させます。履歴を相手が見た時に女性の名前が連続していたら「仲良しの女友達か」とメール内容まで確認しないで安心します。仮に「としあき」と言う名前だとすれば「としこ」にしておけば、その相手と頻繁にメールしていても彼氏は疑わない。「履歴をマメに消したら逆に疑われそう」執着心の強い彼氏の対処法として安全です。

⑤自分から主導権をとる

自身から連絡をすることが一番ベストです。デートの日程も電話にしてもメールにしても先手ですることによって彼氏は安心感を覚え「彼女から会いたがっている」「自分と会っていると楽しそうだし」気分良くします。彼氏を手のひらで転がすような状態になれば良いのです。主導権をにぎることで彼氏は基本的にあなたの意見を先に聴きます。束縛しているタイプの男性は主導権を握っている自己中心の方が多いです。


いかがだったでしょうか?

束縛の行為は好きな相手の人格さえも変化させてしまう怖いもの。最初は何気なく「どこ行くの?」程度からはじまりエスカレートし最終的には勝手な妄想を抱かせ暴力で押さえ込もうとしてしまうケースもありますよね。「多少束縛された方が」なんて笑っているうちに早め対処法を実行しましょう。