彼氏が冷たいと感じる5つの時

彼氏が冷たいと感じる5つの時

最近、彼氏の態度が冷たいなあと感じている方は注意が必要です。彼氏があなたのことを良く思ってないか。それとも別れようかと思っているかもしれません。それでは、彼氏がどんな冷たい態度の時に注意が必要なのでしょうか?



彼氏が冷たいと感じる5つの場面

彼氏の態度が冷たい時には、その彼氏の態度に早くまず気づくことが大事です。早く気づくことによって、気まずい雰囲気を脱することができるのです。そして、二人の関係を修復することができるはずです。それでは、その態度にはどんな場合があるのか説明していきます。

①連絡が少なくなる

彼氏からのメールや電話が以前よりも少なくなってきたと感じたら、それはあなた以外の何かに興味があったり、連絡することが面倒くさいと感じている態度です。連絡が少なくなった原因がわかっている場合を除いて、好きな相手にはマメに連絡をとるはずです。

②会っているときに携帯

せっかく二人で会っているのに、彼氏が携帯ばかりを気にしてさわってばかりいるようなことが増えてきたら、それは、会っていることがつまらなかったり、二人の共有する時間を大切にする気持ちがなくなったりしてきた証拠です。

③記念日を忘れる

例えば誕生日や結婚している人なら結婚記念日を忘れて、何もしてくれなくなった時は気持ちが離れていっていることが多いです。好きな相手ならば、記念日は大切な日なので祝ってくれるのが本当です。プレゼントがなかっても、言葉がけもなくなったりして冷たい態度を取ってきたら要注意です。

④遊びを誘っても断られる

二人で遊びに出かける約束をしようと、もちかけても気分が乗らないとか体調が悪いなどといって断られてしまうことが増えてきたら、それは、二人で遊びにいってもつまらない、面白くないと彼氏が感じているということです。何かしらあなたに非があるのではないかと悩んでしまいますが、誰でも気分が乗らない時はあります。ましてや大切な人にはそんなことは見せたくないものです。ただ、毎回誘っても断られるようでしたら、それは危険なサインですので気をつけたほうが良いでしょう。

⑤言葉遣いが荒い

あなたに対しての言葉遣いが乱暴で荒くなったり、ちょっとしたことでもすぐに怒るようになったならば、何かしらあなたにも原因があるかもしれません。付き合っている期間が長ければ長い程、お互いに馴れ合いになってきてしまって、礼儀などを忘れがちになるものです。また、彼氏が仕事などのストレスを抱えていて、その打つけどころがあなたなのかもしれませんが、親しき仲にも礼儀はあるもので、その頻度が激しくなると問題です。


いかがだったでしょうか?

彼氏の態度が冷たい原因は、あなたにもあるかもしれませんが、彼氏の愛情が冷めてきてしまっている状態なので、そういった彼氏の冷たい態度を早めに気がついて、少し謙虚になってあなた自身が振り返ってみましょう。彼氏との冷たい関係を早く修復していくことができます。