キス5つの種類

キス5つの種類

人間関係の中で、スキンシップは重要です。スキンシップによって心が癒されたり、相手との心の距離が縮まったりします。キスもスキンシップの一つです。キスと聞くと恋人同士のコミュニケーションのように思えますが、キスにも種類があります。それでは、キスにはどのような種類があるのでしょうか?



スキンシップとしてのキスの種類

キスは恋人同士や夫婦がするものだと思われがちですが、それ以外のところにもキスは存在します。キスはスキンシップの一つとして行われることも多く、いくつものキスの種類があるのです。

①挨拶代りのキス

キスの種類には挨拶としてのキスもあります。欧米では、挨拶の一つとしてキスをします。これは日本にはない習慣なので、テレビなどで見かけることはあっても外国人の方と会った時に挨拶としてキスをされて驚いた経験のある方もいらっしゃるでしょう。このキスの種類は、唇にするキスではなく、頬に軽く触れるようなものです。そして、この種類のキスにはキスとみせかけて違う場合もあります。それは、キスをするように頬を寄せるだけの場合です。

②親から子へのキス

子どもが生まれると愛おしくて堪らなくなります。キスは恋人同士や夫婦の間での愛情表現として行われることが多いですが、我が子への愛情を表現して頬や額にキスをする、親子のキスもあります。この種類のキスは日本では少ないかもしれませんが、欧米では子どもを送りだす時や寝かせる時に行われることも多く、親からのキスで子どもが安心するのです。

③友人同士のキ

キスには愛情表現としての種類が多いですが、飲み会になるとハメを外す方も多く、酔った勢いでキスをすることもあるでしょう。このような場にいると、友人同士でもキスをすることがあります。また、異性の友人とするのではなく、同性の友人とキスをすることもあります。これは、女性に多いです。女性の中には、友人同士でスキンシップをとることに抵抗が少ない人も多く、友情のキスを交わすこともあります。このキスの種類は、軽く触れる場合が多いです。

④付き合うきっかけのキス

キスの種類には、付き合うきっかけとなるキスもあります。例えば、付き合っていない男女間でのキスが当てはまります。何らかのきっかけでキスをしたことによって、相手が気になる存在となり、キスをきっかけとして付き合うことになる場合もあります。このキスの種類は、自然に起こることもあれば、計算として起こることもあります。

⑤愛情を深めるためのキス

キスの種類の中で、最も一般的なキスの種類と言えば恋人同士や夫婦でのキスです。この種類のキスでは、お互いの愛情を深め合ったり、愛情を伝える表現として用いられます。また、この種類のキスには挨拶代りのキスの要素が混ざることも多いです。


いかがだったでしょうか?

キスには、いくつもの種類が存在します。キスの種類には、恋人や夫婦間での愛情表現としてのキス以外にも、友人同士のキス、挨拶代りのキス、付き合うきっかけとしてのキスなどがあります。また、キスの種類はいくつもの要素が混ざっている場合もあります。