キスしたいと思う5つの時

彼氏にキスしたいと思う5つの時

誰もが、ふとキスをしたいと思ったことってあると思います。男性が女性にキスをしたいと思うときはどんなときでしょう。女性からキスをせがむのはちょっと勇気がいりますよね。そこで、どういう時に男性がキスをしたいと思うのか、事前に頭にいれ、男性にキスをしたいと思わせる女性になりませんか?



キスしたいと思う5つの場面

男性からキスしたいと思わせる女性ってすごく魅力的だと思いませんか?キスをしたいと思ってもらえる瞬間を逃さない、そして、キスをしたいと思ってもらえる魅力的な女性を目指しましょう。

①目があって、笑顔になった

いろんな人がいるのに、偶然自分と目があったり、ぼーっと好きな人だったり、その時に気になっている人のことをついつい見てしまっているときってありますよね。そんな時、男性もちょっと運命を感じているのです。目があったからといって目をそらすのではなく、笑顔を出すという点がポイントなのです。そうすることで、男性もキュンと感じて、キスをしたいと思うのです。

②顔と顔が近づいた

誰もが、接近すると、ドキッとして一瞬とまどいますが、キスをしたいと思うのです。そして、男性にとってはその一瞬がすごくインパクトがあり、その時のドキッとした瞬間が好印象だった場合、たとえば良い香りがしただとか、ふと見たときに肌が綺麗だったとかが考えられますが、こういう好印象だった場合にキスがしたいと思うのです。そのため、女性はいつでも誰にどこを見られても良いように綺麗でいることは重要なのです。男性にすかさず好印象を持たれ、キスをしたいと思われることでしょう。

③手が触れたとき

男性はボディタッチに弱いと言われることからもわかるように、女性の手がふと自分に触れられると、ドキッとするものです。そして、手が触れたあとは、キスをしたいと思うのです。しかし、過剰なボディタッチだったり、女性らしくない乱暴なボディタッチではキスをしたいとも思われません。キスをしたいと思われるには、女性らしく優しく自然帯でのボディタッチが効果的なのです。このボディタッチがうまくできれば、キスまでの道のりも遠くはないでしょう。

④唇が潤っているとき

キスをしたいと思われるためには、やはり魅力的な唇をつくることが重要になります。ガッサガサだったり、萎れていたり、なんかまずそうと思われる唇にはキスをしたいとは感じません。やっぱり、プルップル、ウルウルな唇だと思わず吸い込まれそうになりますよね。そのためには日頃から唇のケアが重要です。はちみつパックをしたり、日頃からリップクリームをぬったり、結構手を抜きがちな部分ではあるのですが、キスをしたいと思わせる唇にするためには日々の努力も必要です。唇が薄い人はメイクでカバーすることもできるので、キスをしたいと思わせる唇にするためにメイク法を研究するのも一つの手段です。

⑤潤んだ瞳で見つめられた

キスをしたいと思わせる顔のパーツは、魅力的な唇の次は、潤んだ瞳です。吸い込まれるような瞳とよく言われますが、目力というのはとても重要です。潤んだ瞳で見つめるとすごく可愛く見えるそうです。お酒を飲んでちょっと酔っ払っているときに潤んだ瞳で見つめるとセクシーですし、また目を潤ませることができないというときは、キスをしたいと思ってもらうために、瞬きをせずに涙をためるというテクニックもありです。グッズとしてダイレクトに目薬を使うというのもありでしょう。潤んだ瞳はキスをしたいと思ってもらえるための最後のひと押しでもあります。


いかがだったでしょうか?

キスをしたいと思ってもらうためには、シチュエーションだったり、外見的なものが多く関わってきます。キスとなると接近距離が近いので、重要なことは、女性らしさを常に忘れないことです。香水をつけ、開いた毛穴をかくし、産毛を剃る。キスをしたいと思ってもらうためにはそれなりの限りの努力は常に必要です。