キスが上手いと感じる6つのポイント

キスが上手いと感じる6つのポイント

オーロラ姫が王子様のキスでうっとりと目覚めたように、世の女性は男性からのキスはいつも最高にロマンチックでありたいと夢見ています。つまり、彼氏のキスは上手いほうがいいと望んでいるのです。では、キスが上手いと感じさせるテクニックとはなんでしょうか?



彼女にキスが上手いと思われるための6つのテクニック

最初からキス上手い男性はいません。しかし、ただ下手なキスを繰り返しているだけでは、最愛の彼女の心には響かないのです。それって、悲しいですよね? そこで、彼女があなたの虜になるような、極上のキスをする方法をお教えします。

①マシュマロ唇

いくら男性とはいえ、手入れのされていないガサガサの荒れた唇でのキスでは、女性はまったくときめきません。キスが上手い男性は、リップクリームなどでしっかりとした保湿ケアをつねに心がけています。女性のようなぷるぷるな弾力までは必要ありませんが、柔らかな唇でのソフトなキスは女性の気持ちいいと感じるツボをピンポイントに刺激するのです。

②適度な抜け感

いざキスをする、となった時に思わず力が入ってしまう男性はキス下手といえるでしょう。気持ちが前のめりになってしまい、ガチガチに力のこもった唇や舌が彼女に触れても、夢心地とは程遠い状態です。適度な抜け感を持って唇や舌をなめらかに動かす、これが上手いキスをする力加減です。

③強弱が大事

いきなり舌を絡ませるようなディープキスをしても、女性はまったく喜びません。最初は相手の唇に触れるか触れないかのソフトなキスから、徐々に濃厚なディープキスへとゆっくり時間をかけて移行していくことが上手いキスをするポイントです。時間をかければかけるほど、その過程にどんどん彼女も高揚していくはずです。

④口臭チェック

前日の晩にニンニクたっぷりの餃子を食べた口でキスをされては、相手がいくらキスが上手い男性でも気分は半減してしまいます。女性は雰囲気に弱い生き物です。デートの日は食後にガムを食べるなどこまめなケアを忘れずに。万が一、自分の口の臭いが気になるときは彼女と一緒にニンニク入り料理を食べて、お互いさまと紛らわさせるのも奥の手です。

⑤ボディタッチも一緒に

キスが上手い男性は、必ず彼女の肩や髪、腰などに手をあてながらキスをしています。彼女に対してドンと無造作に手を置くのではなく、包み込むようにソフトに触れることが重要です。その後、優しく愛撫するかのように頬にキスしながら徐々に唇へとじらしながら愛情を注いでいってあげてください。キスは唇と唇だけでするのではなく、全身で表現するもの。それが上手いキスの仕方です。

⑥情熱を忘れずに

キスは唇を使った愛情のコミュニケーションツールです。他のことを一切考えず、彼女に対しての思いをしっかり込めながら唇を重ねましょう。相手に思いが伝われば、その結果キスが上手いと思わせることができるはずです。


いかがだったでしょうか?

誰もが簡単にキスが上手いと感じさせることができる方法をご紹介しました。これらの6つのポイントを押さえておけば、きっと最愛の彼女に極上のキスの嵐を降らせてあげられるはずです。キスの上手い、ロマンチックな男性になりましょう。