告白して振られた5つの理由

告白して振られた5つの理由

誰かを好きになり、その人と関係を深めたいと告白をするのは、とても勇気のいることです。告白をしても振られたらショックを受けることは予想がつきますから、告白出来ずにいることもあるでしょう。また、振られると、どうして振られたのかが気になることもありますよね。振られるのには、どんな理由があるのでしょうか?



告白して振られた時にありがちな理由

勇気を出して告白したり、「これはOKしてもらえそうかな」と告白したりした時に振られると、その理由が気になりますよね。もし、振られた理由がわかれば自分にもまだチャンスがあるのかを知ることだってできます。

①相手に好きな人がいる

告白した相手に恋人や好きな人がいれば、振られることも多くなります。年齢層が上がるほど、この理由で振られた方は多くなります。たまに、恋人や伴侶がいるにもかかわらず、「それでもいいのなら」と条件を出してくる相手もいますが、こうしたタイプは同じことを繰り返すことが多いので、こうした相手には潔く振られた方が幸せかもしれません。

②タイプではない

人には、好みがあります。告白しても、「外見が好みではないから」という理由で振られたことのある人もいらっしゃるでしょう。例えば、振られた理由が「太っている人が好みではない」ということならば努力して外見を変えることで希望に繋げることも出来るでしょう。ただ、性格が合わないというタイプ違いから振られた場合は、付き合える可能性は低いでしょう。

③恋人として見られない

友達と恋人は関係性のニュアンスも違ってきます。友達として仲が良くても、それは必ずしも「恋人としての好き」とイコールにはなりません。ですから、仲が良くても振られた、ということが起こるのです。また、友達を好きになって告白をして振られた場合にはお互いにぎくしゃくとなり、告白前の友達関係に戻ることさえ難しくなってしまうこともありますから、勢いで告白するのではなく、よく考えてから行動しましょう。

④余裕がない

夢や目標に向かっている人は、自分の目標達成を最重要課題として捉えることが多く、そのための日々の努力を続け、告白されても応える余裕がない場合もありますし、「今は夢を叶えることしか考えられないから」と振られたりすることがあります。

忙しいと心の余裕が少なくなるので、告白してきた相手を特に嫌いだと思っていなくても恋愛をする時間や余裕がないと断ることもあるのです。こうした人に告白して振られた時は、「今すぐに答えが欲しい」のではなく、「余裕が出来た時に考えてみてくれないかな」と時間を相手に与えてみるのも諦める前に行える一つの方法です。

⑤自分の気持ちに迷い

恋愛関係になると、相手と深く関わるようになります。「とりあえず誰でもいいから恋人が欲しい」という人ならば、告白してきた相手が好きなタイプでなくてもすぐに付き合うこともあります。しかし、慎重な人は告白してきた相手を好きでも嫌いでもないと、どうしたらいいのか悩んでしまいます。

そして悩んだ結果、「本当に好きかどうかわからないのに付き合うのは相手に失礼だから」とお断りすることがあります。振られた方はショックですが、こうした場合は告白して振られたとしても可能性がないわけではありませんから、相手にゆっくり考えてもらうといいでしょう。


いかがだったでしょうか?

告白して振られるのはショックです。しかし、振られた理由は「嫌いだから」という理由だけではないのです。告白してきた相手を嫌っていなくても、自分に余裕がないという理由から振られた場合もあれば、嫌いではなくても恋人として見られないという理由から振られた場合もあるのです。