告白の言葉5つの例

告白の言葉5つの例

女性から告白の言葉を口にするのはなかなか勇気がいるもの。できれば男性の方から告白して欲しい!と思うものですが、「どうしても告白しなきゃ!」という時もありますよね。女性から告白するにはどういった言葉を使えば効果的なのでしょうか?



女性からの告白で使いたい言葉

女性から告白する際のポイントは二つ。一つは「相手にそれを受けいれてもらうこと」効果的な言葉を選び、告白を成功させましょう。そして二つ目は、付き合ってからも仲良くいられること。告白の時に選んだ言葉で、その後の関係も変わってくるのです。

①誠実さをアピール

まず第一におすすめなのは、「好きだから二人で会うんだよ」「好きじゃない人と二人で遊んだりしないよ」「わたし、好きな人としか二人で遊んだりしないもん!」という言葉。この言葉は「好きだよ」と伝えるだけではなく、あなた自身の誠実さもアピールすることができるのです。告白が成功った後も有効。「好きじゃない人と二人で遊んだりしないって言ったでしょ?」と言えば、カレのヤキモチも収まるのです。

②空気読める感をアピール

職場の人、特に上司や先輩に告白するときに有効なのが、「好きになっちゃいました」「好きになっちゃダメですか?」という言葉。
少し甘えることでかわいく見られるだけではなく、「職場だからダメだって分かってるんだけど・・・」という「空気読める感」も、告白の言葉に含めることができます。

③優しさをアピール

落ち込んでいるカレ、元気のないカレに告白するときに有効な言葉と言えば、「二人でいたら大丈夫だよ!」「私がいてあげるから、大丈夫だよ!」という言葉。直接「好きだよ」と言葉にするわけではありませんが、落ち込んでいる男性の気持ちをぐっとひきつける言葉です。カレが落ち込んでいる時に告白するなら、「落ち込んでいるあなたが心配だから、一緒にいたい」という優しさを伝えましょう。

④可愛さをアピール

「何でいつも誘うか、分かってるでしょ?」「好きな人が誰だか、分かってるでしょ?」という言葉で告白されると、男性はぐっとくるものです。女性から告白するのは勇気もいりますし、「強気な女性」という印象を与えてしまわないか悩んだりもしてしまうもの。しかし、「分かってるでしょ?」と相手に答を預けてしまえば、女の子らしいかわいらしさを残しながら告白することができるのです。

⑤「カレへの理解」

「最初は嫌いだったんだけど、いつの間にか好きになっちゃった」「初めて会ったより、今の方がずっと好き」。こんな言葉を使って告白すると、相手の男性は「俺のことをちゃんと見てくれているだな」と感動します。こういう言葉を使えば「見た目とか印象だけじゃなく、あなたのことを理解してるよ」という気持ちを込めて告白できます。


いかがだったでしょうか?

確かに告白の言葉はシンプルでも素敵なもの。しかし、ただ「好きだよ」と伝えるだけではなく、言葉の選び方によって、相手に対する自分の想いをより強く伝えることができるのです。例を参考に、素敵な告白の言葉を選んでみてくださいね!