告白されたときの断り方8つの方法

告白されたときの断り方8つの方法

気のない異性に告白された時の断り方って、悩みますよね。ヘタな断り方をして、逆ギレやストーカーされるのはコワいですし…。モテる男女の皆さんは多くの告白に対して、一体どんな断り方のテクニックを使っているのでしょうか?



告白をうまくかわす断り方8つの方法

異性に告白されるのって、嬉しいものです。でも、告白されたもののこちらにその気がない場合は、どんな断り方すればいいのでしょうか?色々な断り方のパターンをご紹介します。

①相手の気持ちを汲む

「気持ちは嬉しいんだけどね…」「付き合えないけど、でも告白してくれてありがとう」など、相手の気持ちを汲む断り方です。誰にでも使える一般的な告白への断り方です。

②一刀両断

「絶対ムリ!ありえない!眼中なし!」など、相手に一切期待をもたせないようなキッパリとした断り方です。何度告白をやんわり断ってもしつこく付きまとってくるような相手向けです。ただし、この断り方は相手に逆恨みされる危険があるので、あまりオススメはしません…。

③相手を持ち上げる

「あなたには私なんてもったいない」「もっとふさわしい人がいるよ!」と、相手を持ち上げる断り方です。プライドの高いナルシストタイプの相手向けです。ただし、「もしかしたらまだ可能性があるのでは?」と期待させる可能性もあります。

④理由を説明する

「好きな人がいるから…」「好みのタイプと違うから…」など、告白を断る理由を説明する断り方です。「何でダメなの?試しに付き合ってよ!」という押しの強い相手向けです。告白を受けられない理由を納得するまできちんと説明してあげれば、相手も諦めてくれます。

⑤冗談でごまかす

「もう、また冗談言って~」「好き?ハイハイ知ってるって~」など、相手の告白を冗談として受け流す、遠回しな断り方です。普段も冗談をよく言っているようなタイプの相手向けです。それでも真剣に告白してきた場合は、こちらも真剣に向き合ってあげましょう。

⑥友達アピールする

「私こそ、大好きな友達だと思ってるよ!」など、さりげなく友達としか思っていないことを伝える断り方です。仲のいい友達など、今までの関係を壊したくない相手向けです。

⑦保留にする

「もう少し考えさせて」など告白の返事を保留にすることで、本当に迷っている時はもちろん、断るつもりだけどハッキリ言えない…という時にも、そのままフェードアウトするという断り方もできます。ただし相手には失礼なので、できるだけ告白への最終的な返事はしてあげましょう。

⑧シンプルに

「ごめんなさい」「付き合えません」など、余計なことは言わず一言だけ伝える断り方です。他に何を言っても告白を断ることには変わりないのだから、シンプルにいきましょう。


いかがだったでしょうか?

このように告白への断り方には多くの方法があります。ただし告白を断るからには、どの方法を選んでも相手を傷つけるということは避けられません。トラブルを避けるためにも、自分や相手のタイプ、関係性などに合った断り方を選びましょう。