告白メール5つのコツ

告白メール5つのコツ

学校や職場に気になる人がいて、片思いをしている人は多いです。だからといって、いきなり面と向かって告白!とはなかなかいきませんよね。そんなとき、緊張せずに自分の言いたいことをまとめて伝えられるメールはとても便利。直接顔を合わせずに済むメールでの告白のときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?



直接だと緊張する!メールで告白成功5つのコツ

メールでの告白は、顔を合わせず思いを伝えられるので、対面での告白より緊張せずに済みますが、顔の表情などが見えないので、伝えたいことが誤解されてしまうこともあります。メールでの告白でしっかり自分の気持ちを伝えるために、気をつけるポイント5つを見ていきましょう。

①だらだらと長文を書かない

もしあなたが告白メールを受け取った時、あなたと出会ってからのことや、自分の気持ちの変化やどれだけ好きかのアピールがふんだんに盛り込まれている長文メールを見たら、ドキドキするというよりげんなりして読むのを辞めてしまうか、むしろちょっとちょっと怖いですよね。告白の文章を短くシンプルな内容にすることで、そんな事態が防げます。また、言葉を少なくすることで、相手はドキドキしながらあなたの言葉の意味について考えさせるという効果もあります。

②曖昧なことを言わない

あなたが告白する相手が、同じように緊張しがちな人だったりすると、返信の仕方がわからず、そのまま放置されてしまう危険があります。思わせぶりな行動は、付き合う前の駆け引きの段階では良いのですが、ここぞと勝負を決めるときは「好き」とか「付き合いたい」ことをはっきり伝えましょう。

③返事が貰えるように書く

返事が貰えないと、メールを送った方も受け取った方も、何だかもやもやしたままになってしまいます。これではお互いにそわそわして収拾がつかないので、はっきり「付き合いたい」と伝えた上で、柔らかいニュアンスで「もしよかったら時間があるときに返事をもらえたら嬉しいです」ということを最後に添えましょう。

④メールを送る時間帯

相手の状況によっては、同じメールの文面でも違う受け取られ方をしてしまいます。例えば相手が仕事で忙しい時や、飲み会などのときに本気の告白メールを送っても効果は半減です。相手がゆっくりくつろいでいる時間にメールを送れるようにする為に、告白メールを送る前までには、相手がリラックスしている時間帯、ゆっくりメールチェックができそうな時間を確認しておきましょう。

⑤メールのタイミング

これは時間帯ではなく、「出会ってからの告白のタイミング」です。基本的には出会ってから3ヶ月以内が告白の成功率が高くなります。それ以後は友情の方が出来上がってしまい、成功率は大幅に下がってしまいます。メールは基本的に四六時中どのタイミングでも送れるので、チャンス!と見たら早めに送ってしまいましょう。


いかがだったでしょうか?

直接の告白と同じように、メールの告白でも「自分の言いたいことをシンプル伝えること」が大事です。これら5つのコツを意識して、それぞれの状況に合ったメールを送って、告白を成功させましょう!