告白された時の対応5つのポイント

告白された時の対応5つのポイント

告白された経験はありますか?意中の人から、意外な人から、そのシチュエーションは様々だと思います。嬉しい場合も、困ってしまったり悩んだりする場合もあるかもしれませんが、自分が告白された時、意識しなければならない対応はどのようなものでしょうか?



告白された時、覚えておきたい5つの対応

告白された時、相手に好印象を与える返事の方法としておさえておきたいポイントは、どのようなものでしょうか。今回はスマートな対応に結びつくであろうポイントをご紹介します。

①感謝の気持ちを伝える

自分の意中の人ならば勿論、そうでなかった相手に告白されたとしても必ず相手に感謝の気持ちは伝えましょう。告白とはする方にとっては気持ちのすべてを掛けた一大イベントです。されたほうも真剣な気持ちをまずはしっかり受け止め、一番初めに感謝の気持ちで返す事が大切です。「ありがとう」はどの場面でも言われて気持ちのいい言葉ですよ。

②曖昧な態度は見せない

いきなりだったり、意外な人からだったりと告白された時にビックリしてしまい、気持ちの整理が咄嗟につかない場合もあるでしょう。しかしここでYES・NOに対してどちらとも取れるような曖昧な返答は避けましょう。告白された相手に対する誤解、特にお断りを決めた場合には曖昧な返答から後のトラブルを呼びかねません。

③判断は自分自身で

告白されて、返事はどうしたら良いのだろう…と、悩む事もあると思います。そういった時、告白された事や告白相手の事を周りの友人などに相談したくなる気持ちもわかります。しかし、まずは自分の中で答えを決めましょう。恋愛の噂、特に告白したされたの話は広がり易いものです。中途半端な気持ちを周りに相談してしまうと、話が広がってしまい、あなたの印象が「おしゃべりな人」として告白相手にも悪く映り、悪評が付いてしまう可能性もあります。

④相手の真意を見極める

告白された時、冗談や騙しという事はほとんど無いとは思いますが、告白相手の気持ちの度合いを見定める必要があります。もしこちらが真剣に悩んだとしても、相手が「誰でもいいから恋人が欲しかったから告白してきた」…などでは困りますよね。告白相手の自分に対する思いを、表情や言葉からしっかり確認して、ダメだと感じたならキッパリ断ることが大切です。

⑤後腐れない対応を

された告白に対し、お断りをする場合には、付き合えない理由として告白相手を批判するような事を言ったり、感情を逆なでする事はやめましょう。相手が学校や職場等、自分に近い人間なら今後も顔を合わせる可能性があるので尚更です。気まずい付き合いは、あなたにとっても負担になってしますので、告白の後も今まで通り笑顔で対応する事も大切です。


いかがだったでしょうか?

告白は相手にとっては真剣なものです。その意図をしっかり受け止め、対応してあげることによって、あなたの人間力も高まります。今回紹介した点を頭に入れ、いざ自分が告白された場合のシュミレーションを立ててみるのも良いかもしれませんね。

Comments

  1. ぱせり!!!! says:

    なるほどです******