モテる服装6つの傾向

モテる服装6つの傾向

「見た目より性格が大事!」とは言っても、モテる人達はやっぱり見た目、服装からやっぱり違います。第一印象は見た目から入るので、気を遣うに越したことはないでしょう。ではモテる人が服装や見た目で気をつけていることとは一体どういうものがあるのでしょうか?



何が違う?モテる服装とモテない服装

モテる人の服装は、まず見た目の雰囲気でモテるオーラがでています。逆にモテない人には、モテないオーラが出ています。服装や見た目に気をつけることで改善されるのであれば、直さない手はありません。モテる人の服装の傾向をそれぞれ見ていきましょう。

①体型に合う服を着る

同じMサイズのシャツでも、肩の部分がタイトだったり、、ゆったりしていたりと微妙に違います。モテる人は、自分の体型にぴったり合ったスマートな服装を選んで着ています。値段よりも、「自分の体型に合っているか」を基準にしっかり試着をして選ぶのがおすすめです。

②似合う服を着る

「こんな服装がモテる!」というキャッチフレーズで、雑誌やショップのスタッフさんが着ているコーディネートをまるごと買って着てみても、似合っていなければ、どうしても違和感がでてきてしまいます。モデルさんやショップのスタッフさんは、「自分に似合う」ファッションをしているからカッコいいのです。

③清潔感のある服装

どんなに高級なブランドものの服を着ていても、シャツがヨレヨレだったり、襟元にフケがたまっていては台無しです。モテるどころか敬遠されてしまいます。高い服でも安い服でも、清潔感のある服装であることは、モテる事以外の社会生活においても非常に大事な要素です。

④シルエットを意識する

これは男女ともに共通していることです。異性同士では、互いのファッションについて、詳しい知識を持っていることは少ないので、モテる人はファッションに凝っているのではなく、ぱっと見てわかるシルエットが綺麗に見える服装をしているのです。

⑤派手なものを着ない

奇抜なファッションは、共感を得られれば「オシャレな人」という印象を与える事ができますが、モテる人は「無難にオシャレな服装」をしていることがほとんどです。あくまで服を「自分の引き立て役」にするのがモテるファッションになります。

⑥靴を綺麗にする

オシャレは足元から、といいますが、足元は大人の世界では必ずと言っていいほど見られています。靴が汚れていたり黒ずんでいたりすると、それだけで不潔な印象を与えたり、せっかく気を遣ったファッションも台無しになってしまいます。モテる人は必ず靴に気を遣って、全体の印象を引き締めているのです。


いかがだったでしょうか?

ついついおろそかにしてしまいがちな、服装を清潔に保つなどのごく当たり前のことを当たり前にやることが好印象を与える大事なポイントになります。これら6つの項目を意識して、あとは自信を持って堂々と振る舞えば、異性にも同性にもあなたは輝いて映ることでしょう。