元カノに未練7つのポイント

元カノに未練7つのポイント

もしあなたが初めて出逢った男性から「まだ元カノに未練がある」と聞いたならば、彼のイメージはマイナスでしょう。しかし、今でも自分のことを思ってくれている男性の存在は、女性にとって決してマイナスではありません。では元カノに未練がある男性の中でもどんなタイプが好印象を持たれるのでしょうか?



元カノへの未練が好印象となる男性のタイプ

元カノ未練がある男性にもいろんなタイプがいます。それが好印象となるかそうでないかは紙一重です。一歩踏み外せばストーカー呼ばわりされかねません。それではタイプ別に見ていきましょう。

①ストレートにアピールタイプ

女性はとにかくストレートな「好き」に弱いです。回りくどい褒め言葉を100回もらうより一回の「好き」が効果的。付き合っていたときに愛情を伝えていなかった場合は、より好印象となるでしょう。別れてもまだ元カノへの未練を飾らずに表現する姿は周りからみても清々しいです。

②友達に公言タイプ

一般的に男性は恋の悩みを友達に相談しない人が多いです。友達に相談するというのはよほど未練があるということ。女性は「相談してしまうほど私のこと思ってくれているんだ」と考えます。ちなみに元カノの親友と会ったときにさりげなく未練のある素振りを見せると、後日確実に元カノに伝わります。

③長期タイプ

時間をかけて元カノへの未練が愛として伝わるパターンです。しかしこれは明日明後日の話ではありません。数年スパンでの話です。とにかく時間がかかります。ただ何年も自分を思ってくれているなんて少し古めかしくて好印象。

④飴とムチタイプ

自ら振っておきながら元カノがいかに大切な存在か気づいたという未練のパターン。男性から振っておきながらやっぱり忘れられないなんてなんとも都合の良い話ですが「この人は私じゃなきゃダメなんだ」と女性の母性本能をくすぐります。

⑤めげない肉食系タイプ

元カノに新しい彼氏ができて別れたのを承知で引かないタイプ。女性はロマンティックな恋を夢見がちです。未練があるあまり、新彼とのデートシーンで強引に彼女を連れ去る、なんてドラマのワンシーンのようで素敵です。
失恋後の傾向には一般的に2つのタイプがあります。一つはやけになって自滅するタイプ。もう一つは悔しさや悲しさ、未練をバネに進化を遂げるタイプ。後者は誰の目から見ても魅力的に見えること間違いなし。恋をすると誰しも輝きますが、未練をエネルギーにしてキラキラしている男性を女性がほっておくわけありません。

⑦仕事に精を出すタイプ

⑥同様に元カノへの未練をバネに仕事に燃えるタイプ。上司や部下からの評価が得られまし、昇進もあり得るでしょう。仕事を一生懸命やる男性はどんな時代でも魅力的ですし、結婚後も大黒柱として家庭を支えてくれる印象を受けます。


いかがだったでしょうか?

出会いの場が減ってきている現代だからこそ元カノへの未練がある男性も多くなったのではないでしょうか。その明暗を分けるのは「一途さ」をうまくアピールできるかどうかでしょう。何事も粘り勝ちです。ただ行き過ぎると元カノだけでなくその友人や自分の周りの人間関係にも悪い印象を与えてしまうので、ほどほどにしましょう。