元彼との関係5つのポイント

元彼との関係5つのポイント

ときめきの中で視線を交わしていた彼とも袂を別ち、今や「元彼」になり、新しい彼との出逢いの中で前の習慣が上書きされるまで、元彼への想いがひょっこと顔出しする事があるかもしれません。これからの貴女は、どの様に元彼との関係を決めていくのでしょうか?



貴女の素敵な明日に必要な元彼関係5つのポイント

ここでのテーマは元彼との縁切りでも復縁の仕方でもなく,また元彼に焦点を合わせる内容ではなく貴女自身の考え方について整理するポイントが記述されています。なぜなら、元彼に魅かれて芽生えた関係を、続けるのも終止符をうつのも貴女の確信が不可欠だからです。

①自分自身と対話する

鏡に映った貴女はどんな表情をしていますか?輝いていますか?悲しそうですか?箱の中にいる限り,その箱が外側からどう見えるのかを知る事は出来ません。彼氏が元彼に変わってしまったには、それなりの理由があるはずです。それらを知る事は、元彼との今後の関係をどうするかとは別に,きっと貴女自身に大きな知恵と学びを与えてくれるはずです。「元彼が悪い」「私が悪い」などと責任の所在を見出しても幸せが貴女に与えられる訳ではありません。今までの箱から外に出て、外側から元彼との関係について、自分自身と素直に対話してみては如何でしょうか?

②1年後をイメージする

過去と他人は変えられません。自分と未来は変える事が可能です。例えば、1年後、貴女が幸せな表情をしているとしたら,そのとき,周りの状況はどんな風景なのでしょうか?そして、そのとき,自分は自分自身にどのように語りかけているのでしょうか?人は車を運転している時、バックミラーを観ながら目的地に向かう事はありません。1年後に辿り着きたい目的地をしっかりイメージしながら、前進されては如何でしょうか?

③1年後の元彼の意味を知る

さて、貴女自身の立ち位置が決まれば、元彼とのこれからの関係に焦点が移ります。先ほどのイメージした状況の中で元彼はどの様な存在なのでしょうか?「元彼」から「彼氏」或いは「友達」や「知人」なのでしょうか?それとも元彼はその風景に登場する可能性が全く無い人物なのでしょうか?貴女は、幸せになる為に生まれてきました。その幸せを実現する上で元彼は、必要不可欠な存在なのでしょうか?もうひとりの自分自身は何と答えていますか?

④想いを周りに伝える

これ以降の作業は,貴女の頭の外の世界で行われます。元彼を含む、周りの人達に一貫した姿勢で、貴女の感じた想いを言葉にのせて、伝えて下さい。悲しい言葉であれば悲しい表情で、嬉しい言葉であれば嬉しい表情で一体化して、目の前の人と対話して下さい。

⑤想いを行動する

この部分は、貴女の決断が一番求められ、精神的にきつい段階かもしれません。この行動は貴女の想いをのせた言葉の裏付けであり、ここで一貫性がなければ、どれだけその言葉そのものが真実であったとしても,元彼や周りの人達は別な可能性を想定してしまい、貴女の想いとは裏腹な解釈になるでしょう。


いかがだったでしょうか?

人は恋をする事で,色豊かな空間と時を体感することができます。そして、その恋を失う事で、それまで当然だと思っていた色豊かさを喪失し,その程度が激しいほど、より大きな痛みを経験します。しかし、その痛みはそれらの色豊かさが貴重である事をも意味し,本質的な部分で貴女を人間的に成長させてくれる促進剤でもあります。