元彼に会いたいと感じる5つのポイント

元彼に会いたいと感じる5つのポイント

元彼に会いたいと感じる。そのような気持ちになるのは、どのような時、どのような場面でしょうか。メール、電話、手紙、それとも…。ここでは、その様々な場面を考えてみることにします。あなたが元彼に会いたいのはどのような時ですか?



元彼に会いたい心理

元彼会いたいと感じる5つの心理。未練、連絡、思い出、嫉妬、今彼に対する不満など、様々な要因が考えられます。どのような心理状態が、元彼に会いたいと感じさせるのでしょうか。ここではその内容について考えてみます。

①未練の残り方の違い

男の恋愛は「名前を付けてファイルに保存」です。 つまり、昔の恋人と別れた後に新しい彼女ができると、その好きな彼女を名前を付けて保存します。それに対して、女の恋愛は「上書き保存」です。 これは別れた後に元彼や前彼の事を綺麗さっぱり忘れてしまうことを意味します。別れた後に会いたいだとか、よりを戻すのを夢見るのは男の方です。 一方女性はメールアドレス変更や着信拒否などで対応します。 どちらかと言えば男の側が元カノへの未練は大きいのです。ですが、そんな彼女にもふと元彼に会いたいと感じる時があります。

②いきなり連絡がきた

ずっと連絡をとっていなかった元彼から、いきなり「元気にしてる?会いたい」というたわいのないメール来た場合です。「今さら何のために連絡してくるの!」と少々憤慨しつつも、「今はどんな生活をしてるんだろう」と気になり、ついつい質問メールを返して、元彼に会いたいと感じてしまうかもしれません。別れてもアドレスや電話番号を残している人は多いものです。

③思い出

元彼に付随する思い出に遭遇した時。探しものをしていてタンスを漁っていると、元彼にもらったプレゼントやペアリング、写真など懐かしい品々を発見した場合。物だけでなく、よく車で一緒に聴いた曲やカラオケで歌っていた曲を耳にしたり、出会った場所やデートしたスポットに偶然訪れた時にも、元彼に会いたいと、元彼のことが脳裏によぎります。思い出は元彼に会いたいと感じさせることがあります。

④嫉妬

元彼に新しい彼女ができると嫉妬しやすいのは女性の側です。女性は、今まで自分の付き合っていた人が結婚したりして幸せになっている姿を見ると、どこか損をしたと心理的に感じます。結婚することを聞いた時などには、今はその気がなくとも、付き合っていた頃の気持ちがよみがえり、祝福したい気持ちと少しの切なさでちょっと複雑な心境になります。元彼に会いたいと感じ、相手の女性はどんな人かなと気にして、「もし私が元彼と結婚してたら…」という夢物語が繰り広げられることもあります。

⑤今彼との愛情が?

今彼と修羅場を迎え、今彼に愛情を感じられなくなった時や不穏な空気の時に、元彼と今彼の愛情の大きさを比較してしまい、元彼に会いたいと感じ、このまま好きでいられるか不安を抱き、「元彼のほうがよかった」と別れまで決意してしまう場合もあるようです。恋愛中は大好きな相手であってもちょっとしたすれ違いや誤解でそれは悲しいものになったりします。相性のよいカップルでも意見のぶつかり合いは必ずあるものです。


いかがだったでしょうか?

思い出は美化されるものです。思い出そうとすればするほど、元彼との楽しかった思い出ばかりがよみがえります。本当に幸せになりたいのなら、過去を引きずるのは頭の中だけにしておきましょう。また新しい恋がすぐそこに待っているかもしれません。