元カレを忘れたいと思う5つの時

元カレを忘れたいと思う5つの時

大好きで大好きで大好きだった元カレを早く忘れたい。元カレを早く忘れたいのに、事あるごとに思い出してしまって胸が苦しい。あなたはそんな経験ありませんか?いつになったら元カレを忘れられるのでしょうか?



大好きだった元カレを忘れたいと思う5つの時

元カレを思い出そうとしなくても、ふとしたときに思い出してしまうものです。それは突然くるもので、「はぁ、いつになったら元カレのことを忘れられるのだろう。。早く忘れたい。。」となる時が訪れます。

①電車に乗っているとき

元カレの家に行った日の事や一緒に電車に乗ってどこかにでかけたことや泊まった次の日の朝眠い顔して一緒に通勤した日のことや、思い入れのある駅やその時間によってふとあんなことあったなと思い出してしまいます。この瞬間は本当に元カレを早く忘れたいという気持ちでいっぱいになります。偶然を装って会いたいような会いたくないような辛い思いもすることになり元カレを忘れたいのに忘れられなくなってモヤモヤです。電車の中で泣くわけにもいかず、絶対その電車を使わないするのもほぼ不可能に近いし、この辛い思いを乗り越えないと元カレを忘れたいという思い一身で、電車までのろってしまいそうです。

②元カレの好物を見かけた時

元カレが好きだった例えばオムライス。これを目にすると元カレが食べてる姿や、おいしい。また作ってね。と言われた時のことを思い出してしまします。友達とランチを楽しむはずが上の空。こんなことでも思い出してしますのか。早く忘れたい。こだわりがあるものだと余計に覚えていてるかもしれませんね。きっと私はこの料理はしばらく作らないでしょう。無意識に。でも外には敵がたくさんいます。友達は元カレの好物を知りません。悪気は全くなくても思わぬところで元カレを忘れたいと思わされてしまいます。

③映画館の半券を発見した時

ペアリング、ペアネックレス、ペアウォッチ、彼からもらったプレゼント。そういうものはすぐに処分するかもしれませんが、ふとしたときに見つけた過去の映画館の半券。そういうものってお財布にぽーんって適当に入れておくので、忘れた頃にでてくる。それを見つけて、この映画元カレと見たんだったな。とまた忘れたいのに忘れさてくれないマンが登場してきます。元カレといった場所なんて全て覚えている訳ではないですが、ピンポイントで映画を指定されると否応なしに思い出さされます。元カレを忘れたいのに。。自分の財布までもにっくき敵です。

④テレビを見ているとき

あ~この番組好きだったな。と無意識に思い出してる自分が嫌いになります。元カレを忘れたいのに、元カレの好きなテレビを見て笑っている自分。情けなし。特に付き合ってるときから嫌いだった元カレが好きな女子アナ。やっぱりこの女子アナ可愛くないじゃん!と八つ当たりする始末。恥ずかしいけどこうでもしないと元カレを忘れたいという気持ちに勝てないです。私のほうが可愛いとか良く喧嘩したな。そんなくだらないことまで思い出してしまう始末。シークレットゲストとかも最近は多いので迂闊にテレビもつけられませんね。

⑤同じ香水の匂い

匂いもなかなかやっかいな敵です。元カレの匂いって忘れたくても忘れられないですよね。街でその匂いを感じることってよくありませんか?えええええ。と焦ってしまいます。元カレが近くにいるのか!?という焦りと、やだ、ふと思い出してる!という焦りです。元カレとラブラブしていたときのことを思い出す最大の敵といっていいかもしれません。忘れたいのに忘れさせてくれないマンは街のなかでもひょこっと登場しますので要注意です。


いかがだったでしょうか?

街の中には元カレを忘れさせてくれない要素がたくさんあります。元カレとの思い出というのは時間も風景もすべて含んで彼との思い出なので別れてしまうと、それら全てがにっくき対象です。元カレを忘れたいと思わず、いい思い出と持っていけるのが難しいですがベストでしょう。