プロポーズ時のサプライズ5つの方法

プロポーズ時のサプライズ5つの方法

プロポーズは、する側にとっても、される側にとっても、一生の記念となる一瞬です。ありきたりのシチュエーションでありきたりの言葉でするのもオツなものかも知れませんが、やはりサプライズを混じえたとっておきのプロポーズを演出したい・されたいものです。する側の方、こんなサプライズを仕掛けてみては?



プロポーズでサプライズさせる5パターン

人生でとっても大事なプロポーズで使えるサプライズの方法。数多くある中で5つだけセレクトしてみました。これを試せば、答えは間違いなく「イエス」となること確定ですよ。

①流行りのフラッシュモブ

最近テレビなどで見かけるサプライズ映像の1つに、ダンス・フラッシュモブがあります。街頭や店内で次々と人が踊り出して、最終的に仕掛け人もそれに加わり、ダンスが終わる頃にサプライズでプロポーズをし、参加者や見物者みんなに祝福してもらうというものです。仲間や、SNSなどを通じてその機会を知ったメンバーが密かに準備をしてそのサプライズを実行することになるのですが、これをこっそりと、そして本番で失敗なく準備するのは結構大変そうですよね。今では、フラッシュモブの企画・運営を代行してくれる業者もいくつも存在します。気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

②あえて一旦険悪ムードに

比較的長くお付き合いしたカップルなら、相手の気心も知っていて、こんなことを言ったりすればムッとするということを心得ているのではないでしょうか。それをあえて逆手にとって、一旦わざとケンカするように仕向けて、怒って帰ってしまいそうとなった時に、指輪やプレゼントを添えてプロポーズ。引き際と言うか、これ以上はヤバイというレベルを熟知した上でやらないととんでもないことになりそうですが、あえてそのような危険なことにチャレンジすることで、プロポーズはこれ以上無いというサプライズになるでしょう。

③アナログでプロポーズ

メールやSNSでのやり取りなどが中心となっている昨今、このような時代だからこそ昔ながらのアナログ的サプライズに挑戦してみてはいかがでしょう。例えば、比較的リクエストやメッセージを読んでもらいやすいローカルなラジオ局にプロポーズの内容を書いたハガキやメールを送ります。あとは、ドライブなり、部屋で一緒にラジオを聞いて過ごすなりすればOKです。確実にメッセージが紹介されるという保証、何時何分に放送されるかという目安も分からないので、一緒にドキドキでサプライズを楽しめるのも魅力です。

④婚約指輪を渡すために

プロポーズで相手に是非渡したいのが婚約指輪。その指輪を渡すために、昔から手品やどこかに隠して見つけてもらうというような手法は多く行われて来たようです。全く意図していなかった場所から指輪を取り出す仕掛けはいくらでも考えられます。「あれ~、こんな所に!」と、わざとらしく誘導するのもアリですよね。

⑤しっとり落ち着いて

実は巷では、あまり派手にプロポーズをするとかえって長続きしないという都市伝説もあります。そこで、わざとしっとりムードの中で、心を込めた言葉でプロポーズするのも、良い意味でサプライズになるかも知れません。


いかがだったでしょうか?

一生に一度と言っても良いプロポーズは、する方にとってはとても頭を使うことだし緊張することだと言えるでしょう。しかし、何より、これからの人生を一緒に歩みたいという思いをきちんと伝えることが重要ですし、そのために準備をしたことであれば、きっとお相手も受け入れてくれるサプライズになるはずです。