プロポーズのタイミング7つのポイント

プロポーズのタイミング7つのポイント

恋人と付き合ってきて、この人と結婚して幸せな家庭を築いていきたい!プロポーズしたい!と考えたものの、どんなタイミングでしたらいいかわからない、どうしたらいいんだろう、と頭を抱えている人は少なくないはずです。プロポーズをするタイミングとは一体どんなタイミングでしょうか?



素敵なプロポーズにする7つのタイミング

プロポーズをするからにはビシッときめてOKをもらいたいですよね。「今のナシ、もう一回やって」なんていわれない、素敵で心に残るようなプロポーズになるようなタイミングとはどのようなものかを紹介していきます。

①嬉しいことがあった時

仕事がうまくいった時、二人でおいしいものを食べている時、ほんの些細な事でもかまいません。嬉しい気持ちになって笑顔になっている時にプロポーズすることで更に笑顔になりましょう。

②将来のことを話し合った時

自分から話してみるのもいいですが、相手が二人の将来について話し出したら良いタイミングかもしれません。実は相手も結婚して幸せな家庭を築きたいけれど、なかなかきっかけがつかめないでいるのかもしれません、二人の将来を幸せなものにしていきたい旨を伝えてプロポーズしてみましょう。

③記念日

記念日は二人だけの特別な日でありプロポーズにとってはもってこいのシチュエーション。お店を予約してみるもよし、二人が付き合ってきた流れを話し合っている際にプロポーズしてみるのもいいかもしれません。

④旅行に出かけた時

日帰りでもお泊りの旅行でも、都会の喧騒から離れて二人の世界に浸れる場所に足を運んでみることで普段とは違う特別な雰囲気を作り出し、プロポーズもしやすくなります。素敵な情景がプロポーズ演出してくれることまちがいなし。

⑤幸せにしたいと思った時

最近嬉しいこともなかった、記念日もついつい流してしまった。良いシチュエーションなんて作れない…けれどこの人とずっと一緒にいたい、この人を幸せにして良い家庭を築いていきたい、なんて強く思ったらプロポーズをするタイミングかもしれません。

⑥双方の体調が良い時

すべてのタイミングに言えますが自分の体調が良いときはもちろん、相手の体調が良くないとせっかくの申し出もなんとなく嬉しくないもの。自分だけでなく相手の体調も考慮した上でプロポーズしてみて下さい。

⑦ゆっくり話ができる時

せっかくのプロポーズ、騒がしい場所や、気持ちが落ち着かない場所での告白では相手に伝わらない可能性があります。プロポーズ自体が落ち着かない行為かもしれませんが、伝えたい言葉を相手にきちんと伝えるためにも、落ち着いて話ができる場所でのプロポーズがいいでしょう。


いかがだったでしょうか?

プロポーズをいざしよう!と思ってもなかなかタイミングは訪れにくいかもしれません。普段からどんなプロポーズにしたいかを考えておいて実行することでタイミングをつかむことができるかもしれませんね。自分だけでなく相手も喜んでくれるような素敵なプロポーズになるよう頑張ってみてください。