恋愛依存症7つの傾向

恋愛依存症7つの傾向

最近では草食系という言葉が象徴するように、恋愛に対して関心を持たない人が増えてきました。ですが、実際はその逆に恋愛に依存症を起こす人も増えています。それでは、恋愛に対する依存症とはどういった人がなるのでしょうか?



現代の恋愛依存症の7つの傾向

恋愛は人の心をかき乱します。楽しくも苦しくもさせます。苦い思い出があっても恋愛は誰しもが求めてしまうものです。依存症の人は普通の人以上に恋愛というものを求めてしまいます。そこで、依存症になってしまう人はどういった傾向があるのか見ていきます。

①何も手につかなくなる

これは根本的な依存症の症状です。考え事となると好きな人(恋人)しか考えられず、目の前の物事に身が入らなくなります。好きな人のことを考えるのは楽しいでしょうが、いったん落ち着いて、感情的になりすぎないようにしましょう。客観性を失って物事を考えることは非常に危険です。恋愛依存症になってしまうと目の前が見えなくなりがちですが、友達や周囲の言うことにもちゃんと耳を傾けるようにしましょう。

②不安ごとが多い

恋人のことが自分を嫌うんではないかとか、他に好きな人ができてしまうのではないかと不安なことが多く情緒不安定になる人がいます。一度不安になると、その不安を取り除くのは難しいです。ここは大人になって相手を信じることが大切です。

③過度な嫉妬や束縛

好きな人(恋人)が異性と話していたり、遊んでいるところを見てしまうと過剰に嫉妬したり、独占欲から干渉しすぎてしまい束縛につながってしまうようです。自分から離れないようにするためにした束縛のせいで、相手が嫌気がさしてかえって離れてしまいます。

④友達より恋愛

友達といるよりも恋人といることが多くなり、友達なんかいなくてもこの人がいればと友達よりも恋人を優先してしまいます。特に恋愛依存症の方はこの傾向にあります。友達と先に予定を入れていたけど、好きな人との予定を後から入れて、先約はキャンセル…というケースが見られます。気持ちはわかりますが、恋愛だけでなく、友人関係も大切にするといいですね。

⑤自分のことが嫌い

自分のことが特に嫌いな人は必要とされていないと感じている人も多く、恋人がいることで必要とされていると満足してしまい依存してしまいます。自分が嫌いというネガティブな感情ばかり持っていては、恋人にもいずれ愛想をつかされてしまいます。魅力的な人は、自分に自信を持っていて、肯定的な感情を持っています。恋愛依存症な人は、相手のことだけでなく、まず自分のことを好きになってみて下さい。そうすれば自然と相手もあなたのことをもっと好きになってくれます。

⑥恋人がいないときがない

恋人と別れてすぐに違う恋人を作り次から次と切り目がなく恋人がいる人は依存症になってしまっているといえます。恋愛依存症になるのではなく、相手のことが本当に好きだから付き合う、という姿勢を忘れないようにしてください。

⑦ダメな恋愛をしてしまう

不倫や友達の恋人に手を出す、など普通に考えていればできないことですが依存症のひとはこういった恋愛にまで手を出してしまいます。もしそうであれば、良い恋愛とは何か一度考えてみて下さい。


いかがだったでしょうか?

自分は大丈夫など思っていても周りから見ると依存症の人として見られているかもしれません。上記にあることが少しでも思い当たるのであればやめられるよう努力したほうが身のためかもしれません。恋愛は大切ですがそれよりも自分を大切にしましょう。