恋愛が長続きする5つの方法

恋愛が長続きする5つの方法

ようやく彼氏を見つけて恋愛モードに突入したのに、その後二人の仲が長続きしなかった、という悲しい経験をされたことはないでしょうか。恋愛を長続きさせて、長~くラブラブでいるために大事なツボとは何なのでしょうか?



恋愛を長続きさせるポイント5選

「長~くラブラブで」と書きましたが、実は、常にラブラブでいるというのは難しいのです。恋愛長続きさせるには、常にラブラブでいれば良いというよりも、いかにツボを押さえて愛を育むかがポイントであり、そのための5つの方法をピックアップしてみます。

①お互いを認め合うこと

男女の関係のみならず、同性同士や職場の人間関係などにおいても、お互いの心が通じない時はやっぱり力が出ません。恋愛においては、心が通じなければ、本当にこの人で良いのだろうかと思ってしまって、愛が冷めてしまいがちです。そのため、恋愛を長続きさせるための第一のポイントは、お互いが自然体で、相手のことをそのまま受け入れて認め合うことが重要です。恋愛の開始当初は、お互いが自分の良い所だけをアピールしがちですが、そこからいかに早く脱却して、素の自分を受け入れて認めてくれる関係を築くかがポイントになります。

②男子を立ててくれる女子

消極的な男子であっても、根本的に男は女性に立ててもらいたいものです。彼氏との関係を長続きさせるには、彼氏の言い分を認めてあげる姿勢が重要です。それは、彼氏の言いなりになるという意味ではありませんし、ましてや彼氏に全面的に従うことを強制するものでもありません。いわゆる“手のひらの上で転がす”ような、言ってしまえば女子にとってどうでも良いことは「そうだね」と言って受け入れてくれるだけでも、男子は安心し、恋愛も長続きすることが期待されます。

③より多く共有する

物理的なモノの共有ではなく、思い出や感動、喜怒哀楽をたくさん共有するという意味です。デートの時など、ラブラブで過ごすことだけに気を取られていないでしょうか。それよりも、一緒に何かをしたり、何かを見たり、食べ物を食べたりして、五感をフルに使って同じシチュエーションを共有すれば、その後自ずと会話のネタにもなりますし、簡単には心が離れない関係が築け、恋愛も長続きするはずです。

④ホンネを言い合う

お互いを認め合うことのほかに、自分のホンネをきちんと言えるかが、恋愛が長続きするかどうかの分岐点です。お互いにホンネを言えずに我慢し続けていたり、片方だけが言いたいことを言いまくって、もう片方は黙ってしまうような関係だったりしたら、それは長続きしないことは明らかです。嫌われても良い、という覚悟で突破口を開く場面も生じて来るかも知れませんが、結果から見れば、お互い言いたいことを言える関係の方が長続きします。

⑤協力し合う

恋愛が、一人よがりになっては長続きしません。大変なことがあったら、相談し、助言を求めたり、二人でやるべきことは一緒に協力して行ったりするべきです。その結果として、信頼関係が生まれ、またそれが強化され、お互いに欠かせない存在となります。


いかがだったでしょうか?

★☆まとめ☆★
たくさんある恋愛が長続きするためのポイントの中から5つ取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか。恋愛を長続きさせようと躍起になるよりも、急がば回れのことわざの通り、お互いが無理のない状態で1つ1つ愛を育んで行くことこそが大事なのです。