両思いになる5つの方法

両思いになる5つの方法

男女問わず、好きな人が出来ると「あの人と両思いになりたいな……」と願います。自分一人でただ思い続けていても、進展することはありません。では、どのようにすれば気になるあの人と両思いになることが出来るのでしょうか?



気になるあの人と両思いになるために気を付けたいこと

漫画やドラマでは片想いをしていたら、実は両思いだったという展開がよくありますが、現実は好きな人が出来ても、何も行動せずにいれば両思いにはなれません。両思いになるためには、行動が必要なのです。

①相手を知る

恋愛をスタートさせる前には、相手のことを知ることが大切です。特に、外見だけを見て「あの人と付き合いたい」と思っている方は、外見だけでなく、相手の性格や趣味などを知るように努力しましょう。相手を知らないまま両思いになると、両思いになってすぐは舞い上がるような気持ちになりますが、付き合ううちに「こんなはずではなかった」とショックを受けることもあります。ですから、「見た目だけ」など少ない情報で相手を好きかどうか判断するのではなく、もっと相手について知りながら好きになっていきましょう。

②関わる機会を増やす

関わる機会が多ければ、それだけ相手に自分の存在を認識してもらえます。遠くから憧れて見ているだけでは、自分は相手を知っていても、相手は自分のことを知りませんから、両思いへ発展させるのは難しいです。ですから、同じ会社や学校の人を好きになったのなら、挨拶だけでもいいですから、言葉を交わすようになりましょう。そして、普通に話したり、メールをすることが出来るようになれば、相手からもしっかりと認識してもらえるので、両思いへ近付けます。

③しつこくしない

関わりを増やすことは両思いになるために大切なことですが、沢山関わればいいというものでもありません。なぜかというと、相手が自分に対して好意的な印象を持っていないのに、多く関われば「しつこい」「鬱陶しい」などとマイナスの評価が上がってしまうからです。物事には限度があります。特に女性はしつこい男性に対して警戒心を強めることが多いですから注意しましょう。

④相手の理想に近付く努力

好きな人と両思いになるために、自分らしさを全て捨てて相手好みになろうとする必要はありませんが、両思いになるためにはある程度の努力が必要です。例えば、料理が苦手な女性が家庭的な女性がタイプだという男性を好きになったとします。このままでは、男性のタイプの逆ですから両思いになるのは難しいです。この場合は、少しずつでもいいですから料理に取り組むべきです。

⑤ほんのりとアピール

あまり知らない人からいきなり「付き合って下さい!」と言われても、困ってしまいます。それに、相手をよく知らずに告白したら「恋人がいるから」と振られることだってあります。ですから、両思いになるためには、相手の恋人の有無のリサーチが必要です。しかし、恋人がいても諦めきれない場合があります。そんな時は、自分はあなたが好きなのだという思いをはっきり伝えるのではなく、ほんのりとアピールするようにしましょう。そうすれば、恋人と上手くいかなくなった時に自分の方へ振り向いてくれる可能性があります。


いかがだったでしょうか?

好きな人と両思いになるためには、行動を起こすことが欠かせません。相手を知り、相手と関わる機会を増やし、自分の存在を相手にわかってもらうことが両思いへの第一歩です。いきなり告白するのではなく、少しずつ積み重ねて両思いを目指しましょう。