失恋から立ち直る5つの方法

失恋から立ち直る5つの方法

恋愛は成功する事ばかりではありません。失恋を経験された方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。次の恋に進む為にも失恋の傷は早く立ち直るに越した事はありません。では具体的に失恋から立ち直る方法とはどのようなものでしょうか?



辛い失恋から立ち直る5つのポイント

失恋の傷の大きさは人それぞれですが、早く立ち直る事を望む方が多いでしょう。次の恋へ新たな一歩を踏み出すために、辛い失恋と早くサヨナラするポイント5つをご紹介します。

①連絡は完全に断つ

今は電話やメールも勿論ながら、SNSやネットでの繋がりも主流となっています。簡単に連絡を取れる手段が残っていると「もしかしたら…」など、どうしても淡い希望が残るものです。立ち直るには、後ろ髪を引く要素を完全に断ち切るのがベストです。失恋から立ち直るには常に前を、新しい環境を見ていく事が大切なのです。もし相手と共通の友人がいる場合には、失恋直後もしくは立ち直るまでは、少し接触を断つのも時には必要となります。

②積極的に出かける

失恋すると気持ちが落ち込み、何もする気が起きなくなります。しかし、立ち直る為の近道として必要なものに「行動力」があります。何もしたくないと、家にこもってばかりいると、失恋の事を繰り返し考え、立ち直る事が遠ざかります。まずは気分転換も兼ねて積極的に外に出てみる事が大切です。また、友達の集まりや趣味があるならそのオフ会等、人が集まるイベントにも参加する事で、次の恋を見つける可能性もグンと高まります。

③思い切り泣く

失恋のような心の傷を落ち着かせるには、感情を外に思い切り出してあげる事が大切です。失恋なんかで泣く事は恥ずかしいと思い、無理やり感情を閉じ込めてしまう人もいるようですが、辛い時は泣く、嬉しい時は笑うなど、人間の感情は素直に動かしてあげる事で平静を取り戻します。これが立ち直る為の近道です。悲しいと思った時には思い切り泣いて、溜まっている感情を存分に発散しましょう。気持ちがスッキリした時、立ち直る道がきっと見えてくるはずです。

④人と沢山話す

友人、家族、同僚…もしくは行きつけのお店の店員さん等、自分の気持ちを話せる人と沢山話をします。自分の頭の中で失恋の感情をぐるぐるさせているだけでは、マイナス思考になりがちです。これでは立ち直るのには時間がかかってしまいます。他人に話す事で、一緒に怒って貰ったり悲しんで貰ったりする「共感」から安心を得たり、時には笑い飛ばして貰って自分の中には無い感情に触れる事で、踏ん切りを付けられる場合もあります。同時に、相手に自分の気持ちを口で伝えようとすると、脳内では感情の整理整頓がおこなわれ、話終わった後には気持ちがスッキリとしていることでしょう。

⑤スタートラインだと考える

失恋、つまりこの恋は終わりだとしっかり区切りをつけ、同時にここがスタートラインだと考えましょう。今までの自分が原因で失恋してしまったと考えるなら、自分磨きをスタートし、相手との関係が原因で失恋したと考えるなら、新しい恋を見つけるための行動をスタートします。もしくは、失恋を期として全く新しい趣味などに手を出すのもいいでしょう。とにかく今この時をスタートだと決め、前向きに行動をしていく事が大切です。例え空元気だったとしても、後ろを振り返っているよりは確実に、新しい道を見つける事が出来ます。


いかがだったでしょうか?

失恋とは人生全ての終わりではありません。むしろもっと素敵な未来に繋がる糧となる、貴重な経験なのです。その糧をしっかり消化し、前に進むためにも失恋から立ち直る為のこの方法、是非試してみてください。