嫉妬の意味を考える5つのポイント

嫉妬の意味を考える5つのポイント

大好きな恋人には幸せそうにしていてもらいたいと思うものです。しかし、お互いが好き合っていると、嫉妬が起こることもしばしばあります。恋人が嫉妬をしていた時には、早めに対処したいものですが、対処するためには嫉妬の意味を探る必要があります。では、どのように嫉妬の意味を考えたらいいのでしょうか?



嫉妬の意味を見付けるチェックポイント

嫉妬は、何もない状態からは怒りません。嫉妬の背後には、必ず何かしらの意味や原因があります。その意味を見付ければ、嫉妬をしている恋人への対処方法も見付かります。ですから、恋人の嫉妬を感じたら、まずその嫉妬の意味について考えましょう。

①デートの回数の減少

恋人が嫉妬をしている様子だったら、まず、デート回数について考えましょう。大好きならば、多くの時間を共にしたいと考えるようになることも当然です。それまでに頻繁にデートをしていたのに、突然デートの回数が減ってしまうと恋人が嫉妬をすることがあります。特に、意味もなくデートの回数が減った場合には、不満が募りやすく嫉妬を引き起こすことも多くなります。

②連絡頻度の減少

大好きな相手とは、多く関わりを持っていたいものです。恋人同士で、会えない日でも特に意味もないような他愛のないメールや電話でのやり取りを日課にしている方もいらっしゃるでしょう。しかし、連絡頻度が少なくなってしまったり、電話がメインの手段だった筈が連絡がメールばかりになったりすると、恋人の孤独や不安を煽り、嫉妬を引き起こす原因となります。連絡が難しくなる場合には、その意味をあらかじめ説明しておいた方がいいでしょう。

③異性の友人との関わり

大好きな恋人から愛され続けたいという思いは、時として嫉妬に変わります。意味もなく、恋人が浮気をしているのではないかと不安になったり、恋人が異性を見ただけで不安になることもあります。これは、人によってまちまちですが、プライベートで異性と多く関わっていると恋人から誤解されることもあります。ですから、嫉妬を防ぐためには、異性の友人と関わる場合には事前にどんな相手なのか説明したり、二人きりで合わないようにするなどして、浮気の意味はないことを説明しましょう。

④職場の付き合い

職場の中が和気藹々としているのは、とてもいいことです。仕事が終わっても、会社の仲間との飲み会が頻繁にあることもあります。しかし、これは時として恋人に浮気の意味として捉えられてしまうことがあります。職場には当然異性もいますし、頻繁に自分以外の人達と仲良く飲んでいるのを良く思わなかったり、もしかしたら浮気の意味ではないかと疑ったりする場合もあります。

⑤趣味への力の入れ方

大好きな人には出来るだけ自分をかまってもらいたいと思うものです。しかし、趣味に没頭していると、趣味は浮気とは異なる意味を持つものですが、それでも恋人から嫉妬をされることがあります。恋人への愛が覚めたなどの意味がないとしても、趣味にのめり込みすぎて恋人を放置していると嫉妬をされてしまいます。


いかがだったでしょうか?

恋人が嫉妬をする背景には何かしらの意味があります。それを見付けるためには、自分の行動を振り返ることが大切です。浮気をしたいという意味を持っていなくても、何気ない行動が恋人の嫉妬を引き起こしていることもあるのです。